ピーチガール(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (34)
  • (50)
  • (186)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 468
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063030945

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ピーチガール」

    2017年5月20日公開
    キャスト:山本美月、伊野尾慧
    監督:神徳幸治
    http://peachgirl-movie.jp/

  • 女子のえげつなさを描かせたら上手い。
    さえがホントムカついてくる。

  • さえちゃんかわいい

  • 全18巻、ものの2時間で読み切りました。

    なんというか、過程も結末も残念すぎる…
    もうちょっと推敲できなかったのでしょうか。
    話の展開もテンプレート化してて、省いてまとめたら全18巻にならないんじゃないかと。

    きっと中学生くらいに読んでいたら喜んで読んでいたでしょう。
    成人してからこんなクドい恋愛マンガ読むもんじゃないです(笑)

  • 最初の数巻はほんっと「さえ」がむかついてねーー。
    でも後半のモモちゃんのフラフラっぷりも大概なものだった気が。

    とりあえずまとめると、とーじがとってもかわいそうな話。

  • 友達の。

  • ピーチガールはしばしば助けてくれる男の子がいるので、まだライフよりは報われる作品なのかなーと思います。が、ほんとに嫌がらせが地味にいやなとこをついてきていらいらする・・・

  • ただ今、7巻まで制覇しました。
    本当〜イライラします。
    18巻まであると思うとどうなるの? この漫画!

    「さえ〜」煮ても焼いても懲りない女
    マジ、腐ってる〜〜
    イライラしたい人にお勧めします。
    大変体に悪いコミックです。

  • 男に言わせるとさえみたいな女でも「自分にいい顔見せてくれるなら別にかまわない」らしい(友人談)。同性から見るとむかつくが、それも一理ありかな、とは思った。
    前半のテンションで最後まで行ってほしかったかな。完結済。

  • この年でこういう漫画に手を出したのが間違いか…中学生位だったら、どっぷり楽しくハマれたであろう。
    話を追うにつれて、登場人物の魅力が減退していく気がしました。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1985年、「桃色媚薬」でデビュー。別冊フレンドを中心に活躍。1999年『ピーチガール』で第23回講談社漫画賞少女部門を受賞。おもな著作に『Oh! myダーリン』『あるいていこう』『いちごの王子とアントルメ』(講談社別フレコミックス)などがある。現在、BE・LOVEにて、『ピーチガールNEXT』を連載中。

「2018年 『小説 映画 ピーチガール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田美和の作品

ツイートする