Mars (11) (講談社コミックスフレンドB (1166巻))

著者 : 惣領冬実
  • 講談社 (1999年9月発売)
3.66
  • (12)
  • (3)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063031669

Mars (11) (講談社コミックスフレンドB (1166巻))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  せっかく幸せな生活を送って、貧しいながらも笑顔になれた二人だったけれど、現実はそんなにあまくはなかった。
     キラの義父が、キラを探して、零の住んでいるマンションまで訪ねてきたのだ。
     無理やりキラを自宅に連れて帰ろうとする義父にキラは拒否をするし、零はキラを守ろうと、少々過剰な行動に出る。
    「零のことを誘拐犯として訴える」という男に、若い二人はなすすべなく、キラは自宅に帰ることを選択する。
     そんなキラを、何とか守りたくて、ついに零は自身の父親に頭を下げることを選択する。

     という話でした。
     やっぱり若すぎる二人ではなんともしがたいことがあって、そのひずみがもろに出てしまった。
     そして、大事なもののために、自分が一番好きなものを捨てるほどのもの。それだけ零にとってキラがすきなんだな、と思うと切なくなります。
     キラのためにバイクを捨てた零が今後、どうなっていくのか、とても楽しみです。

  • 自分の好きなこと、夢を捨て、顔も見たくない父親に頭を下げてまでもキラを守る零が痛々しくもあり、頼もしくもあり泣ける。
    キラの父親は零だから反対した?自分から離れていくから反対した?どっちにしても怖気がする。

  • 結婚を誓った零とキラ。高校を退学した零はバイクレーサーの道を選び、キラは、2人の未来が続くことを信じていた。自分を過去へ引き戻す継父(あの男)の姿を見るまでは……。戦いの神(MARS)が配する、非情すぎる運命の駒。凄絶のファイナル・ラブ、第11巻!!すべてをかけた聖戦(ジハード)が、始まろうとしていた――。

全3件中 1 - 3件を表示

Mars (11) (講談社コミックスフレンドB (1166巻))のその他の作品

惣領冬実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

Mars (11) (講談社コミックスフレンドB (1166巻))はこんなマンガです

ツイートする