おおきく振りかぶって(13) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.31
  • (282)
  • (201)
  • (90)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 2575
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・マンガ (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106053

作品紹介・あらすじ

面白さ絶対保証! 大人気本格高校野球漫画、待望の最新刊! 監督は女性、選
手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気
で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!! 試合や練
習を通じて成長していく選手たちのまばゆい姿。最新のスポーツ科学を下敷きに
描く、全く新しい野球の面白さ。丹念に描かれる青春の情動。そのどれもが日本
中から熱烈な支持を集める、今いちばん面白い青春スポーツ漫画!!


強豪・桐青を破り、埼玉大会5回戦に進出した西浦高校野球部。しかし5回戦の相手・美丞大狭山高校は、勢いにのる西浦を徹底研究していた! バッテリーも打線も丸裸にされた西浦は、序盤に大量リードを許してしまう。負けじと反撃、点差をつめていく西浦だが、予想外のアクシデントが発生! 最大の危機をむかえてしまう!! 逆転は成るのか?三橋は最後まで投げられるのか!?西浦ナインの底力が、今、試される!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 阿部の怪我により急造バッテリーで美丞大狭山に臨む西浦。あのときにした無理な約束、あのときに言わせた意思を無視した言葉。阿部と三橋はそれぞれに振り返り、考える。センスはピカイチの田島もさすがに捕手と4番をすんなり両立はできず。かなりピンチの西浦。でも三橋が折れていない。むちゃくちゃな関係だったけど、阿部によって与えられた信頼と自信が三橋を支えている。

    今回は偶然とはいえ今までのラフプレーを引きずる美丞大狭山の倉田。宮田の方が正捕手だったのでは、という疑惑は多かれ少なかれきっとたくさんの人の頭にある。でも倉田も野球の大好きな一人なのだ。だから誰もそうだ、とは言わない。信じられているから。倉田の野球への気持ちは嘘ではないから。

  • 勝ち続けできた西浦高校野球部だったけど、今度の相手は西浦を研究し尽くして挑んできました。
    阿部くんの配球も読まれてるくさいと感じつつプレーしてたらまさかの・・・。

    キャッチャーが田島くんに交替。でもこれがきっかけで三橋くんも変わりそうな予感。ただ、試合はどうなるん?

    ・・・って書いたものの、これ書いている時は再読なので展開はわかってる。わかってるだけに・・・

  • コミック

  • 相手チームに研究尽くされ、大ピンチの西浦ナイン。
    試合中盤では、まさかのアクシデント!
    そのことによって、阿部も三橋も互いの立場を
    考えるように・・・彼らだけじゃない。
    西浦ナインそれぞれも・・・すごいな、みんな成長してるよ!
    そして相手チームの倉田も・・・。
    スピード感溢れる展開に、それぞれの人物の想いが
    絡まり、目が離せません。

  • 強豪・桐青を破り、埼玉大会5回戦に進出した西浦高校野球部。しかし5回戦の相手・美丞大狭山高校は、勢いにのる西浦を徹底研究していた! バッテリーも打線も丸裸にされた西浦は、序盤に大量リードを許してしまう。負けじと反撃、点差をつめていく西浦だが、予想外のアクシデントが発生! 最大の危機をむかえてしまう!! 逆転は成るのか?三橋は最後まで投げられるのか!?西浦ナインの底力が、今、試される!!(Amazon紹介より)

  • 高校野球では、一試合ごとに強くなっていくチームがあるというけど、本当に、試合の中でひとりひとりが強くなっていく。

    劣勢はあいかわらずだけど、アルプススタンド(?)から声援を送りたい。

  • 1/3来たところで、ああああああって。ああああああああ手が、手が・・!!!

  • 自分を責める阿部の表情が物凄い。表情は見えないけれど、三橋の手首をぎゅっと握って離さないところも。物凄い怒りの感情がにじみ出ている。約束を守れなくて不甲斐ない自分への。
    今まで阿部に頼りきっていた三橋がぐだぐだに崩れたりしないのも(四球をやってしまったりはしたが)、三橋の強さだ。
    そして二人は、今までの自分たちのやり方に間違いがあったことに気づく。

  • 阿部と三橋の関係が動き出します。
    今までのように依存じゃない、ちゃんとしたバッテリーになるために。

    三橋の腕を無言で握りしめる場面はかなりグッときた。
    田島のキャッチャーもいい。三橋と田島のバッテリーもまた違った面白さがある。そして今回いきなり4番とキャッチャーをこなすことになっていつになくテンパっている田島がとても良かった。完璧じゃない。スターでも、完璧じゃない。

  • キャッチャー田島、ついに公式戦デビュー。

全125件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。
現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

「2020年 『おおきく振りかぶって(33)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひぐちアサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おおきく振りかぶって(13) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×