蹴球少女 1 (アフタヌーンKC)

著者 : 若宮弘明
  • 講談社 (2010年2月5日発売)
2.32
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (6)
  • 本棚登録 :91
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106299

蹴球少女 1 (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エロコメディが主のサッカーマンガ。
    表紙の雰囲気の中身にギャップあり。
    主人公は男です。

  • 部活巻き込まれ系エロコメ。サッカー自体は何とかなるレベル。ただし、試合はしません。エロコメなのでお姉さん迫られ好きにはたまらない展開。しかし、主題がわからん。

  • なでしこフォロワーで真面目な蹴球物なのかと思いきや…
    逆セクハラパワハラに終始した一巻でした。

    いいぞ、もっとやれ(笑

  • W杯熱もあり、勢いで買ってしまった事に後悔。
    リンといい彩音といい完全に痴女。
    どうせやるならユーキも排除して女子サッカーをメインでやったほうがよかったんじゃないだろうか。

  • 高校に進学しサッカー部に入ろうと思った主人公が部室で会ったのは何と女の子?!という、学園物でサッカー物な作品。

    タイトルからは想像つかないけど比較的お色気シーンが多く、純粋に女の子のサッカー作品と期待して買うとちょっと「ん?」と思う所はあるかも。
    (もちろんちゃんとサッカーみたいなこともやっているけど)
    逆にガチガチなサッカー作品と思って敬遠している人は、一度チラっと読んでみると「あれ・・?」と出鼻をくじかれるかも。

    2巻以降に描かれるであろうの部員集めの描写がキーになる気がする。
    ここでコケてしまったら結構先がつらくなりそう・・・。
    人数が人数なので、スローペースになり過ぎず、かといって寄せ集めました的にはならず、っていうのをどう表現するのかは見ものかも知れない・・。

  • うーん、かくことはないよな。

  • good! アフタヌーン#1(2008年)~連載

    タイトル名から普通の女子サッカーものをイメージして購入すると、とんでもないことになってしまうかもしれません。サッカーに取り組む部分もあるのですが、サッカー風味エロティックドタバタコメディ・・・といった色合いも強く、サッカーというスポーツを真摯に描いたものを読みたいのであれば、個人的にお薦めはできません。純情なサッカー少年が年上のお姉さんに迫られるような展開や絵柄的にお好みであるなら・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

蹴球少女 1 (アフタヌーンKC)のその他の作品

若宮弘明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする