もえタイ (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社 (2010年2月23日発売)
3.32
  • (4)
  • (2)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106350

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 杉基イクラさんの作品『もえタイ(2010)』を読了。

  • サマーウォーズ関連で、杉基イクラの漫画を読んでみた。デブでヘタレな少年がボクシングに目覚める話で、さあ、これからというところで終わってしまっている。でも、さあ、これから、という時が物語としては一番面白い瞬間なので、潔いとも思った。

  • 完。

    杉基イクラに釣られて購入。妹に無理やりボクシングジムに入らされた、メタボな兄の話。まったく、予想外のことなどは起きないが、続きが読みたいなと思わされる。

  • 妹は兄を痩せさせるためボクシングジムに放り込むが、兄はやがて自分に自信を持っていくことになる流れ。ただ気合いだけ熱いというわけでもないボクシング。続きがあるのなら見てみたい。兄妹という組み合わせがたまらん人にもおすすめ。

  • 「サマーウォーズ」つながりということで、杉基 イクラを読んでみています。
    けっこう、絵も、リズムも、嫌いではないです。

    ダメ少年が、ボクスサイズをきっかけに、ボクシングの楽しさと厳しさを知り、プロを目指す。ものすごくストレートな、わかりやすいスポコン(?)マンガです。でも、それが、この人の絵柄にあっている気がします。

    1つ不満は、「続きはないの?」っていうところですね。

    プロデビューまで、見てみたいです。

  • これが読み切りっていうのももったいない感じするんですけどねぇ・・・<br>
    主人公がプロテストを受けるまでをみてみたかったです。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

左腕が凶器!運命に翻弄される少女アイコの内面に迫るダークファンタジー!

「2004年 『Variante ヴァリアンテ1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉基イクラの作品

ツイートする
×