ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (220)
  • (196)
  • (96)
  • (22)
  • (6)
本棚登録 : 1557
レビュー : 167
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106367

作品紹介・あらすじ

経営していた会社が潰れホームレスとなった化野元(あだしのげん)の前に、突
然現れた美少女ヒヨス。彼女の正体は宇宙から来た奇妙な存在だった! 不思議なお箸でリアカーから人間まで何でも一瞬で食いまくる。そして吐きまくる……!? 科学大好きなヤンキー女、会社をつぶした張本人たるダメ男、果てはヒヨスの仲間まで加わって、そこらじゅうでシュールにホンワカと荒唐無稽な大騒動! まったりオート系SFコメディ、いよいよ開幕です!!

突然現れたおかしな美少女ヒヨスは、ホームレス化野元の荷物をリヤカーごと一瞬で食べてしまった。驚く元をよそに、脈絡もなくヤンキー三人組がやってくる。そして、ヒヨスはヤンキーの男二人も一瞬で食べてしまった! 吐き出せば元に戻せるというので吐き出してみると、リヤカーとカバンと魚と人間が融合したクリーチャー(怪物)が誕生してしまった! これが第1話。第2話以降はさらにおかしな事になっていく……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前に読んだことのあるオススメ本の一つ。元々1巻だけの予定だったとか。だから、これだけでも楽しめます。ギャグなので笑えていいです。

  • 沙村マンガのシュールな面で構成されてるわけですが、何でか笑えて仕方ない。妙な吸引力がくせになる……!

  • 沙村広明節全開のギャグ漫画。会話の間や、万人を狙っていないギャグはハマれば秀逸。

  • 雑すぎる展開と会話の妙。吐く女の子って可愛いですよね、私も好きです……

  • 最近沙村広明作品を読みあさっています。面白い。突飛な発想、メタなセリフ、膨大なボキャブラリーから繰り出されるコメディ、とても楽しい。女の子が可愛い。

  • ゆるい進撃っぽい?ちょっとギャグのセンスが合わないかも。

  • 竹易てあし「おひっこし」にも負けないギャグ漫画。
    「おひっこし」は数回の連載。
    こっちは数回ではない。でも何十巻も出る雰囲気ではない。というか出せないだろう。
    それというのも、のっけからテンションの高さが振り切れているからである。
    それから「展開の読めなさ」。
    読みきり形式でしかこんなハチャメチャな漫画はないであろうところを、一巻まるまる貫き通している、そして続刊もあるという、なんという嬉しい事態。
    今後に大期待。

  • 2巻完結のシュールSFグルメ(?)漫画 美少女の嘔吐は良いものだな

  • すっかりはまってしまう。

  • 良い方向に針が吹っ切れた、SFギャグ漫画、とにかく面白く会話のあいだの中に出てくるパロディネタがとても面白かったです。それとトリアゾの日暮里とした表情が言葉にならないくらい良かったです。

全167件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『無限の住人』『波よ聞いてくれ』『ハルシオン・ランチ』『ベアゲルター』などで知られる実力派漫画家。

「2020年 『無限の住人~幕末ノ章~(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沙村広明の作品

ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする