おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.40
  • (351)
  • (238)
  • (78)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 2618
レビュー : 165
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106701

作品紹介・あらすじ

面白さ絶対保証! 大人気本格高校野球漫画、待望の最新刊! 監督は女性、選
手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気
で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!! 試合や練
習を通じて成長していく選手たちのまばゆい姿。最新のスポーツ科学を下敷きに
描く、全く新しい野球の面白さ。丹念に描かれる青春の情動。そのどれもが日本
中から熱烈な支持を集める、今いちばん面白い青春スポーツ漫画!!


全国高等学校野球選手権埼玉大会5回戦。西浦と、美丞大狭山高校の熱戦に決着!  試合を終えてチームに去来するものは。この大会でじゅうぶん戦ったのか、自分たち は何かを得たのか、そして、「次」は? 全員1年の新設野球部としての時期は終わ り、新しいチームに生まれ変わるための産みの苦しみ。選手全員の覚悟が問われる1 5巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夏の青空に一際大きく輝く目標。一分一秒、楽しく必死に走り出す。西浦ナインのいい表情にドキドキする。そして私は…(スゥゥ)花井君が、大好きだぁー!

  • 甲子園優勝という目標を立て、再始動の西浦。怪我した阿部と三橋はお互いの気持ちを伝えて、バッテリーも気持ち新たに目標へ向かう。ひとまず阿部はリハビリからだけど。

    モモカンが思う、部活後の人生のこと。今はまだらーぜにはうまくイメージできないのかもしれない。引退後の和さんが思うこと。まだ頭から離れないあの敗戦。それでも倉田を諭し、桐青にも顔を出すと決める。まだ人生は続くから。滝井監督が選んだ道。ロカさんはどうするのだろう。この人が正直に言って一番謎。

  • チーム内の情熱の温度差があるのはある程度仕方がないとは思う。しかし、「ホントは好きなのにプレーしたくない」とか、野球から離れて少しホッとしたり・・・とか、一生懸命にプレーしようとするほど、またはそんな人に囲まれるほど、野球(ほかのスポーツでも)に対する思いは複雑になっていくんだなぁ・・・と感じました。うちの子どもたちも複雑な思いを抱えているようです。

    興味深かったのは「目標」に関する論議。
    やっぱり目標はでかくないと!
    それから今回登場した目標シートは一度じっくり自分でも取り組んでみたい。
    高校生に「50年後の目標」は難しかったか(笑)
    でもモモカンの言うように、高校生たち、これからもっともっと広い世界があることを知っていくのかと思うとわくわくするというか、うらやましい。こんな頃に戻りたい。

    最後にバッテリーコンビで一緒に朝ご飯を作れというモモカンからの提案。これで二人、何か気づきがあるかも。16巻に期待。

  • 三橋は普段、喋らないぶん、喋ったときの台詞がグッと来る。
    でも、やっぱり今回は、阿部君だな。

  • コミック

  • 試合が終わり、
    再び日々の練習と人間関係にスポットが当たる。
    けがで悶々としている阿部。
    全員一致のチームの目標は?
    みんないろいろ考えているんだなぁ?
    あぁ青春。

  • 全国高等学校野球選手権埼玉大会5回戦。西浦高校と、美丞大狭山高校の熱戦に決着!試合を終えてチームに去来するものは。この大会でじゅうぶん戦ったのか、自分たちは何かを得たのか、そして、「次」は?――全員1年の新設野球部としての時期は終わり、新しいチームに生まれ変わるための“産みの苦しみ”。選手全員の覚悟が問われる!(Amazon紹介より)

  • アニメ2期の12話、12.5話、13話(最終回)とそれ以降の話。ここから先、最新巻の27巻までアニメのその後になるので楽しみ。西浦ナイン(正確には10人だけど)がみんな本当に可愛い。がんばっている姿にがんばる力をもらえる。どんどん読みたいのは山々だけど、少しずつ大事に読んでいこう。

  • 選手たちを見守るモモカンの視線は、そのまま作者の競技スポーツの選手たちに注がれる視線なのかも。

    青春をかけて何かに挑んでも、いつか、それが終わる時、冒険の幕が下りる時がやってくる。

    その後も、それぞれがいい人生を歩めますように・・・。

  • 新たな一歩を踏み出していくみんな!表紙も西浦ナインが全面に出てていい!!!

全165件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。
現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

「2020年 『おおきく振りかぶって(33)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひぐちアサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×