新装版 ヨコハマ買い出し紀行(10)<完> (アフタヌーンKC)

  • 講談社
4.86
  • (38)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106718

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終巻です。

    ほんとずっと読みたいと思っていたから
    新装版が出版されて、すごく嬉しかったです。

    すごくほんわかとした時間の流れなのだけど、
    なにか哀しい感じが漂っていて、
    ヨコハマ買い出し紀行は何度も読み返したい。

  • よい、お勧め。

  • オーナーのことなどいくつか謎を残したまま完結。

    まだまだ描こうと思えば描けそうだが、ヨコハマ買い出し紀行らしく多くは語らないけれど、多くのものを伝えてくれて完結した。

    ゆっくりと流れるアルファさんたちの時の流れで紡がれる日常がとても心地よい。

    人間とロボットの時の流れ方の違いにもの哀しさを感じさせられたり、アルファさんならではのものの感じ方の表現が染み渡ってくるいい作品だった。

    振り返れば振り返るほどよさが分かってくる。まわりにみんながいた最初の頃からもう人はまわりにいなくなった最終巻まで、こんなにも色鮮やかな日々を描いていたのだと読み終わってから気づかされた。

    最後にアルファさんが言った「ただいま」の笑顔が幸せそうでよかった。

  • 俺これ好きだわ

  • 圧倒的な読了感。ロボットと人についていろいろと考えさせられる作品だった。とてものんびりとして、やさしい世界観なのだけど、時折語られる終わりへの予感がとても切ない。登場人物はみな見るものの顔をほころばしてくれ、いつでも温かい心地にさせてくれた。これから何度も読むと思う傑作。

  • みんなこれ読んで、肩の力抜こうぜ。

  • 終わらない物語、ついに完結。

    ...モノクロの絵で、色や温度を表現できる人って、そうはいないんじゃないかしら。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アフタヌーン四季賞1994年春のコンテストにて投稿作『ヨコハマ買い出し紀行』が大賞を受賞、同作を連載化してデビュー。アニメ化もされた同作は2006年の連載終了まで幅広い層の支持を集め、2007年には第38回星雲賞コミック部門を受賞した。

『カブのイサキ』(2007年~2012年)を経て、待望の最新作『コトノバドライブ』を発表。

「2017年 『コトノバドライブ(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芦奈野ひとしの作品

ツイートする