シドニアの騎士(3) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.94
  • (44)
  • (62)
  • (50)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 782
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106800

作品紹介・あらすじ

対話不能の異生物・ガウナに太陽系を破壊された人類の一部は、巨大なる播種船・シドニアで繁殖しながらレム恒星系を目指し、宇宙を旅する。
シドニアの最下層で育った少年・谷風長道(たにかぜ ながて)は、衛人(モリト)操縦士訓練学校に入学。さまざまな少年兵たちとの関係に翻弄され、地上で初めて出会った少女・星白閑(ほしじろ しずか)と急速に親密さを増してゆく。
艦長の推挙により、歴史的名機である一七式衛人・継衛(ツグモリ)に搭乗し、ガウナと戦う!

衛人を象ったガウナがシドニアに襲いかかる。そのコックピットには人の姿をしたエナ(胞衣)がいた。ガウナの目的は何なのか? なぜ、シドニアを襲うのか?ガウナに唯一効果的な兵器・カビザシはなぜ、二十八本しか備蓄していなかったのか?シドニアの過去に何があったのか? 謎が次々と解き明かされるとともに、長道の運命が激しく動き出す!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ebookjapan

  • 莠コ鬘槭?逵滉シシ繧偵@蟋九a縺溘ぎ繧ヲ繝翫↓蝗ー諠代☆繧矩聞驕薙◆縺。縲ゅす繝峨ル繧「縺ョ驕主悉縲る聞驕灘?逕溘?遘伜ッ??

  • この巻は面白いですね。
    ガウナに作られたエナ星白が出てきます。なんだそれ。(^_^;)
    しかもなんだか意識あるみたいだし。この辺の独特の設定がとても良いです。
    そしてこの巻ではシドニアの過去が色々語られます。
    艦長たちの過去の出来事。カビザシの発見。人口の99%を失った「第四次ガウナ防衛戦」。そして斎藤ヒロキと長道の出自。いや〜とても重要な巻ですね。

  • 前巻の星白といい今回の長道といいサクサクサクサク進む印象。
    とは言っても星白もまだ引きずってるから長道に関しても油断できないか。
    イザナかわいいから死なないでくれ

  • カビサシがそれだけの理由ってあんまり意味がよくわからなかった。人間には作れないって言うこと?? 過去編が射し込まれているけれど、顔が淡泊すぎて、キャラの区別が付かないから、名札をつけてほしいなあ。アニメはキャラの声で区別がついたんだけど。

  • 漫画喫茶で読みました。
    将来的に電子書籍で購入すると思います。

    ヒロキの灰シリーズ(ヒロキの時代にはいなかったけど)のディスっぷり!
    「そんな人間が役に立つか!」て。
    役に立ってるよ。
    ビジュアル的にも。

    6世代で50万人まで人工的に増やしたのに、10万人も離反する思想を持っちゃうのな。
    教育プログラムに問題があるんじゃないの?
    もしかして帰化していないくせに大きな顔をしている何処かの国の人間が紛れ込んでるんじゃないの?
    ベースが日本っぽいし・・・。

  • 谷風長道の誕生秘話、そして、シドニアの過去話が、ララァの回想という形で語られる。秘密の一端が明かされる重要巻。

  • 長道は星白と胎児してどんな思いだったのだろう。

  • 面白いけどやっぱしどうも読みにくい

  • 星白の姿をしたガウナ登場したり、長道の出生の秘密が明かされる巻。
    前巻までよりはかなり分かりやすい、かつ安定のストーリーの面白さ。
    イザナと緑川妹とのイチャラブ要素もあり。
    ときたま入るシュールなギャグが面白い。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトム氏のアシスタントを務めた後、『BLAME!』の連載をスタート。『シドニアの騎士』を経て最新作『人形の国』を「月刊少年シリウス」で連載中.。

「2020年 『人形の国(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

弐瓶勉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シドニアの騎士(3) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×