BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)

  • 講談社
4.07
  • (330)
  • (328)
  • (208)
  • (19)
  • (8)
本棚登録 : 2882
レビュー : 232
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HER読んだあとに手をつけだんですが
    なんかすげー爽やかでした!深すぎず浅すぎずのバランスが絶妙で面白かったー
    自分が高校生もっかいやれるならこんな青春もかなり楽しそう

  • ヒップホップに憧れてたのに間違えて部に入った夏、嫌がらせで入部届出されちゃった根暗系オタク少年端場、宝塚に憧れるイケメン掛井、背が高くて胸が大きいのを気にしている柘の4人をメインに、高校の社交ダンス部と学校生活を描く部活青春モノ。

    キャラクターはそれぞれ個性的で魅力的ですが特に好きなのは端場くんですね。
    自分がオタクだからかもですが(笑)気持ちも分かるし頑張って欲しい。応援したくなる感じです。
    イケてる女子とがんばって一杯話して知恵熱、とか「ファミレス=リア充」とか「リア充軍団こわい」とか可愛すぎる な……!

    あと顧問のセンセイと柘さんのお父さんがステキです。
    やっぱりヤマシタトモコは格好いいおっさん描くの上手いです。

  • はじけろ!青春!!
    年代問わず、一生懸命(楽しむ)ってすばらしいって思わせる内容です。

  • 青春すばらしい。
    単行本で追ってます。

  • これ、ドキドキする。
    高校生とか、青春とか、部活とか、ダンスとか。
    いいねいいね!
    そして端場くんがステキ。
    がんばれってもう心の中で応援しちゃうよ。
    一回家帰ったのに続き買いに行っちゃったよ。

  • 高校生の社交ダンス青春漫画。
    リアルなオタクがでてきたり相変わらず人間描写が上手い。
    大好き。

  • たぶん今いちばん面白い部活漫画。

  • 部活動でコンクールとか大会とかに向かって頑張ってる青春マンガを読むのも胸を打たれて感動する。
    それは彼らの中に競技や音楽が好きだ!というひたむきな気持ちが前提としてあって、そのうえになみなみならぬ努力や友情、ときに恋愛かあるからかもしれない。

    だけど、実際にコンクールとか目指してやる部活って、ともすると楽しくなくなってしまうときもあるんじゃないか。

    私は中学で吹奏楽部にいたとき、演奏は楽しくても、部活内の関係とか、よくわかんないけど金賞をめざすこととか、本当はどうでもいいのに、それが重要な風に思いがちで、友達を傷つけたり、楽しめないことがあった。

    そんな反省を胸に楽しむことを自分に解禁しても、頭でっかちな私は、"こうしなきゃだめ、こうすべき"という考えに陥りがちな高校生だったから、そこに所属してる人の楽しさを追うということはおざなりにしがちだった。

    "楽しむ"を第一にして活動することは実際は少ないんじゃないか。
    でも、たかだか部活動、それがきっかけでプロになる人もいるかもしれないけれど、青春を費やせるくらい楽しくて、友達がいて、将来振り返れる思い出がある。それがやっぱり基本なんじゃなかろうか。

    このマンガはそういう意味で楽しむためのお話であるように思う。(今のところ)
    社交ダンスというマイナーさ、部員は少なく、伝統もなく、派手さもない。コンクールなどの大会もない。

    だけど、楽しい。

    二宮は"楽しさ"を大切にする。
    それは"楽しくなきゃダンスじゃない"からなのか、それはわからない。
    でも、下手な正義感よりも、楽しさのほうが、よほど正しい判断を生み出すことがある。

    楽しさは楽ではない。
    本当に楽しもう、楽しさを分かろうとするには、辛い筋トレだってせねばならぬ。

    楽しんでいて、苦しんでいて、
    いつのまにか殻を破っている高校生たち。

    魅力的じゃないか!

  • ヤマシタさんの漫画が好きだけど、この漫画は主人公たちが高校生だけあって、読みやすい。

    人物背景は巻を追うごとに出てくるけど、誰にでも覚えがあるような、もしくはこういうやついるよなぁという人や気持ちの変化が描かれていて相変わらず、そういうのを書くのがうまいなぁと偉そうにも思います。

    登場人物も個性的だし、雑な感じの絵の時もありますが、私は気になりません。

    言い方はありきたりですが、色んな人種が集まって社交ダンスに取り組む姿や人間関係の変化、キャラクターの変化を楽しめる漫画だと思います。

  • 今どきの社交ダンス漫画。

    主人公たちがわくわくするところは一緒にわくわくできて楽しい。
    けど、これを読んでも社交ダンスは覚えられないと思うw

全232件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする