百舌谷さん逆上する(5) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.96
  • (24)
  • (44)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 366
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カバ夫何か間違う。葛原さんに出会う。

  • なんかもう内容が濃すぎて、何をどうかけばいいか分からないけど、濃いよ、深いよ

  • 百舌谷さんの力量発揮、たっちゃんの成長、番太郎のダサさ、
    クラスメイト達の賑わい、新キャラ達の思惑、じいさん登場…。
    キャラ達が燦々と輝く巻で賑やかで楽しかった。
    ギャグとシリアスの比もすばらしい。
    すごく先が気になる終わり方だったので、次巻に期待。

  • ちょっと展開が変わってきたかなと。

  • 番太郎が百舌谷さんにいじられなくても結局ひどいことになってるのがなんとも。話がどう流れていくのかもとても気になる終わり方だったけど。

  • すげー好きなんだけど、人にはススメないシリーズ最新刊。

    コミュニケーション下手ばっかりじゃ!だがそれがいい。

  • 201009

  • 篠房六郎「百舌谷さん逆上する」5巻を読了。相変わらず著者は頭がおかしいとしか思えないw 無茶苦茶な設定で無茶苦茶な話だったのが、ますます無茶苦茶になってきた。次巻発売までに、ちゃんと設定を覚えていられるのだろうか。。。

  • 読むのは大変ですが、大好きなんです。キャラの濃さと、ギャグなのかシリアスなのかよく分からなくなる曖昧さも良い。

  • 毎回、内容的にも小ネタ的にも相変わらずの密度で
    電話やメールに気づかないくらい入りこんで読んでしまう。
    兎にも角にも続きが楽しみなマンガ。

全20件中 1 - 10件を表示

プロフィール

東京都出身。1998年アフタヌーン四季賞にて、『やさしいこどものつくりかた』で四季大賞を受賞、同年「アフタヌーン」6月号に掲載されデビュー。2002年から2003年に『空談師』を連載。『ナツノクモ』(小学館)を経て、2008年から2013年に『百舌谷さん逆上する』を連載。

百舌谷さん逆上する(5) (アフタヌーンKC)のその他の作品

篠房六郎の作品

百舌谷さん逆上する(5) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする