BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)

  • 講談社
4.12
  • (209)
  • (197)
  • (115)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 1921
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063107234

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 渡谷さん良い。

    きちんと努力して自分に正直な人。

    そういう人の言葉は時々正しすぎて受け止めきれない時もあるけど夏ちゃんはちゃんと受け止めて理解することができて偉いなぁと思いました。 

    端場くんもナイスアシストですよね。

  • どもりながら一生懸命喋ったり、褒められると照れて「なに馬鹿にしてんのワロス」とか言っちゃったりする端場くんイトシス。

  • ますますおもしろくなってる。
    ホントは漫画みたいに、嘘みたいに隠れた才能を花開かせたり、とんとん拍子に最良の人脈を得たり注目されたい、でもそんなのはフィクションで、それに憧れるフツウの自分が恥ずかしい。それは、覚えのある感情です。痛々しいけど、なっちゃん、かわいいじゃないですか。
    …夏にとってダンス部は、理想と比べて「ちょっと老けた、マイナーなもの」なのだろうけど、おそらく端場君にとっては「オタクっぽくない、一般人向けのもの」って認識なんじゃないかしら。端場君と夏の恥ずかしさって、全く違うとこにあるように見えます。
    やはり美人だったげっつ…小中学生の男子は「好きな子ほどいじめたい」が双方に有益な結果をもたらすことは全く無いとどうして気付けないんでしょうね(笑)。第三者として見れば微笑ましいですが、女子はたまったもんじゃありません。
    続刊が楽しみです。

  • しゃる うぃ だんす (*^^*)

  • 発売日に買いました!もう4回呼んじゃった…♪好きだなぁヤマシタトモコ…あと柘ちゃんも!三巻まで待てないっ……!

  • やばい。おもしろいわ、これ。

    端場くんが急速に熱血化しているところが微笑ましいですなあ。よく気が付いて助け船を出そうとするあたり、ちょっと八幡(俺ガイル)に通じるものがある、なんて思ってしまいました。

    誰でも何かしら思い悩む何かを持っている、というのはこの作品の裏テーマ?

    あと、個人的にツボにはまったのが谷渡さん。今までそんな風に思ったことはないんだけど、もしかするとこういうタイプに尻に敷かれたいという性向があるのではないかと、新たな疑念が…(・ω・;)

  • 2013/08/12
    【好き】

  • 友達にすすめられて久々に読んだ漫画。
    おもしろかった

  • 端場くんの成長っぷりがもう(笑)
    しゃるうぃだんす に、にやっとしちゃいました。

    ブスと死ねは同じ意味ってほんとわかる。
    関心ひきたいだけの男子ってほんともう・・・

    2013.1.20読了

  • はばくん、超頑張ったね!!

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする