ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)

  • 1138人登録
  • 4.17評価
    • (140)
    • (128)
    • (67)
    • (3)
    • (3)
  • 87レビュー
著者 : 幸村誠
  • 講談社 (2011年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063107364

ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまでの10巻中、一番大事な巻かつ一番素晴らしい巻だった。

    これまでずっとトルフィンが戦士として
    どう強くなっていくかの物語だと思ってたけどそれは間違いで、
    人間としてどう強く大きくなっていくかの物語だったということに
    いまさらながら気づかされた。

    8巻、9巻あたり農奴としての物語が何の意味を持っているのか
    わかっていなかったけど、すべてはこの巻のためにあった。

  • んー、正直、どうなのよ、とは思う。
    道半ばである事には違いないのだが、局所的に見ると、主人公が奴隷になってからの下りは読んでいて面映い。

    今後の展開如何で、作品の評価自体が大きく変わる。

  • 2011現在、連載中

    現在、アフタヌーンで連載中の「ヴィンランド・サガ」
    久々に面白い!と思える漫画に出逢えました。
    あまりにもの衝撃に
    5点満点を差し上げてもいいんですが
    まあ、とりあえず連載中ですし。
    これからどう転ぶか分からないので。
    まあ、多分どんどん素晴らしい世界観が
    描かれていくと思いますけどね。
    ただいま、単行本にて10巻まで出ています。

    9巻まで借りて読んだのですが
    あまりの面白さに中古本を揃えました。
    これから新刊本を必ず買っていくつもりです。

    戦史もの?歴史物?では発売されては
    買い続けている「チェーザレ」がありますが。
    こちらはイタリアルネサンスの歴史を
    少しずつでも勉強しなければ。な、お話しで。

    「ヴィランド・サガ」はヴァイキングというか
    11世紀の北ヨーロッパ及びその周辺の
    歴史、戦史のお話しなワケです。
    知らない事だらけのお話しです。
    まあ、それはこれで。
    手に汗握る、男と男の熱き戦闘シーンが
    描かれているので難しい話は置いておいても、
    十分に面白い漫画です。泣けますしね。

    単行本8巻にて、主人公トルフィンの
    長いプロローグが終わり
    9巻から、トルフィンを取り巻く人々の
    新章が始まるという感じです。

    これからも長い長いお話になるようで、
    いつ終わるのかなあ。と。
    チェーザレもですけどね。

    ヴィンランドサガ。
    容赦無いです。沢山の人が普通に殺されます。
    戦士、村民関係無しです。
    財宝、領土略奪のために、
    本当に沢山の人々が殺されます。
    卑怯な手口を使っても、良いんです。
    生き残れれば。
    生きて生きて生き続ける事が大切なんです。
    その中で、本当の本物の戦士とは何か?
    楽園のような彼の地は存在するのか?
    と、重要なテーマの中、お話は進んでいくと思います。

  • 空っぽになったトルフィンの心を農耕の民たちが少しずつ耕していく、そして、ついにトールズから、アシェラッドから引き継いだ本当の戦士になるための戦いを決意する。。。
    鬱屈した9巻から未来の希望を予感させる10巻

  • とても美しい巻。
    9巻までの勢いにぐいぐいひっぱられる感じも大好きだけど、この10巻の美しさはたまらなく大好きだ

  • 完全にストーリーが変わってきた。こっからのトルフィンの変わり方に刮目したい。

  • トルフィンがやっと目を覚ました。やっとこれで話が先に進みそうになった。

  • アシェラッドを憎んでいない自分を認めたトルフィン。己の罪に気付き、そしてつぐないを始める。大河だなぁ。超大河。エイナル強いぞ、そしてパーテルさん、スーパー格好いい!多くは語らないが、彼にも苦悩の日があったのだと思うと涙が…。

  • 抜け殻だったトルフィンが段々と覚醒していくお話。
    本物の戦士とは何か?にだんだん近づいてきた気がした。

    しかし正直私が期待していた方向性から、
    だんだん外れてきたのでちょっと戸惑い気味。
    次の巻からの展開にかなり注目。

  •  まさにでっかい赤ちゃんいろいろ覚える巻でした。トルフィンがキレるシーンはトールズを彷彿とさせていて震えました。この巻でトルフィンは暴力をふるわないことを誓いますが、果たして環境がそれを許すのか?アシェラッドは地獄におちても相変わらずカッチョいいおっさんで良かったです。

全87件中 1 - 10件を表示

ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)のその他の作品

幸村誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする