水面座高校文化祭(3) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (20)
  • (16)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :170
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063107654

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 水面高祭も、いよいよラスト‼︎ 伏線もばっちり回収されて、だいだんで終わります☆
    釣巻せんせの作品はどれも好きだけど、この勢いは格別好き、ですね♪ 一等賞(^○^)/

  • 文化祭終幕!最後まで全くブレなかった都カッコ良かった。隕石を含む幾つかの不思議設定もバッチリ回収してお見事でした。思えば、百合あり、男装あり、女装あり、ロリありと、濃い内容だったなぁ。

  • いよいよ、後かたづけ。
    そして、後夜祭。

    長い盛りだくさんの文化祭も、終わりを迎えます。

    すべての大団円。収まるところに収まった感じです。
    誰かを笑顔に、できたかな?

    さて、読み終わったわたしたちの顔は?

    では、それを他にも伝えていこう。

  •  オススメされてたので購入。名作でした。文化祭の準備からはじまり、文化祭本番もドラマがあり、そして祭りの終わり。すべての過程が丁寧に描かれそれぞれのエピソードも上手かったです。
     面白かった

  • 最終巻。2巻までは、ちょっととりとめのない感じで置いていかれそうになったのだけど、ラストを飾る3巻はわかりやすいし盛り上がりもあって、とっても良かったです!この持ち味のままでいて欲しい、個性的な作家さん。

  • 思いのほかあっさり終わったなーという印象。
    うーんもうちょっと長く読んでいたいお話だったなぁ。残念

  • 1巻のレビューで「お祭りにはいつか終わりが来るが、作者がこのお祭りをどう終わらせるか楽しみ」というようなことを書いた記憶がある。その「お祭りの終わり」が描かれるのがこの3巻。
    水面座高校という学校のなりたちとその影にあったあるエピソードが語られ、全体の焦点が祭りそのものからすこしずれたのが個人的には残念。全体を通してみても「祭りのもつ魅力」「妖怪のような不思議な存在」「学校そのもののいわく」と、3つもキーとなるテーマが設定されており、どれかひとつ削ったらもっと尖った構成にできたのでは……と思わずにいられない。
    それでもこの巻数にちょうどよくまとめたところは評価したいし(祭りがだらだらと続くべきではない!)、なによりこの漫画は絵がとてもよかった。漫画のテーマにぴったりの絵柄だったし、キャラクターをうまく引き立てていた。コマ割りもバランスが良い。中盤の風船のシーンはぜひカラーで見たかった!
    ☆は3だが心にはなにか残った。絵柄が気に入ったらオススメです。

  • ファンタジーな文化祭。
    心温まる。
    3話完結で一気に盛り上げて終わるのがきれい。

  • この3巻で完結。

    高校の学園祭を舞台にした設定もなかなかないんだけど、作者の作る不思議な空間も面白い。
    また、ほのぼのとしたなかにちょっとうるっとストーリーもあってなかなかなシリーズです。

  • 基本学園青春モノ… なのに、ファンタジーを読んでるような不思議な話。この展開には驚いたけれど、読んだ後には幸せな気持ちに。良い漫画でした。

全15件中 1 - 10件を表示

水面座高校文化祭(3) (アフタヌーンKC)のその他の作品

釣巻和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする