新装版 スマグラー (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (13)
  • (28)
  • (33)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063107791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新装版にて。

    登場人物のキャラ設定、話の展開など好きな感じ。
    初版当時はこの手の雰囲気のマンガや映画などが流行っていたのかも。

    画は好みが分かれると思うが、見づらいことはなく雰囲気が合っている。

    映画化されたようなので、期待♪

  • キャラの描き分けがあまり上手に出来てないけど何回か読んでいれば馴れます。
    背骨、内臓が好き過ぎる!!

  • 真鍋氏の初めての連載。
    殺人依頼、死体運搬などの話。新装版なので大学のサークルで女子大生を輪姦した官僚の息子への制裁という時代のタイムリーな話も付いてた。真鍋氏の作品はキャラの性格描写や意外性が面白い。

  • 『スマグラー』(SMUGGLER)真鍋昌平及びそれを原作2011年公開日本映画。『月刊アフタヌーン』(講談社)2000年5月号から8月号に掲載
    15年犯罪の時効 犯罪の話 スマグラー運び屋(非合法)間を埋める為の会話はやめろ 砧(妻夫木聡) 任侠道 殺し屋 背骨(安藤政信)と内臓 21世紀なのにブルース・リーばりのヌンチャク 内臓にいたっては素手 人を殺すのに感傷も罪悪感も感じない悪人なのに妙に哲学的 高利貸し 法律以上に恐ろしい組織から制裁を受けるコトになる 学芸会並みの演劇にはウンザリなんだよ 中二病を引き摺った大学中退の役者志望のフリーター 違法パチンコビジネス 300万の借金 ジジイ(我修院達也がしゃういんたつや)児玉千春(満島ひかり)ちゃん張 覚醒剤 阿片 骨までシャブリ尽くすからシャブ 修羅場潜ったら 俺の存在に意味などあったのか? 執行猶予期間 モラトリアム 最後の言葉ぐらい美しく飾れよ アリガトウ 残す物に価値を持てねェ カマカケ 決断出来ないまま望まぬ日常に埋もれるカスにはなるな 本気の嘘が真実になるように スピンオフ作品 表面的な善意を建前に摂理で動いてる 連ドラ 最終回 心残り 運命の交差点 心理描写が上手い
    官僚の息子 信用 ドラマ 鮫肌男と桃尻女 石井克人

  • 実写版が面白かったので読んだが、ほとんど実写と差異なく、描写も普通だった。短編の背骨と内臓の過去話はなかなかエグい。

  • 映画を観て即読破。

    巻末の読み切り良かったです。

    名言もたくさんあって、
    どん底から這い上がる、生きる者たちの哀愁がすごくよく描かれていました。

    映画同様、背骨と内臓がかっこいい!

  • 真鍋昌平の連載デビュー作だったんですね。
    私にとっては『闇金ウシジマくん』に感銘を受け尽くしてからの『スマグラー』。
    ブレない真鍋節、最高でした。こういうのが読みたかったんだ。

    ドン底から這い上がろうとする意思みたいなものを、過小評価も過大評価もしない。這い上がる奴は這い上がるし、そうじゃない奴は適当に生き腐れていくんじゃね?知らねーけど。なんて徹底的に淡々としたスタンスが怖カッコ良い。登場人物の9割方は悪い人なのに、この清々しさたるや……。

    それにしてもつくづく自分は「法で(が)裁け(か)ない悪」が酷い目に遭わされる話が好きなんだなあとしみじみ。

    「背骨」&「内臓」大好きです。

  • ウシジマ君の作者のデビュー作。
    この時から作品の方向性はある程度固まってたのがわかるが、ウシジマ君と比べても、物語の起伏や盛り上がりがいまひとつに感じた。

    60点

  • 背骨と内臓。なかなか好き

  • 殺伐とした世界観ですが引き込まれるものがある。
    短編の殺し屋のインパクトも強い。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。神奈川県出身。1998年、『憂鬱滑り台』で「アフタヌーン」(講談社)四季賞夏のコンテスト四季大賞を受賞、同誌同年9月号に掲載され商業誌デビュー。2011年、『闇金ウシジマくん』(小学館)で第56回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。その他著書に『スマグラー』『THE END』(講談社)などがある。

「2017年 『THE END クライマックス編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真鍋昌平の作品

ツイートする