BUTTER!!!(3) (アフタヌーンKC)

  • 講談社
4.20
  • (183)
  • (183)
  • (77)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1648
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063107814

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軽やかなステップのように駆け抜ける青春!

    ↑4巻帯用コメント
    4巻は高岡の番かな?

  • はばくんがたたかっている姿にぐっときたのはげっつだけではない!ほろりときてしまった。みんながんばってんだもん。

  • 巻を重ねる毎に各キャラクターを掘り下げていって、それのエピソードがどれも物凄いリアリティがあって驚く。

    人間関係を事なかれ主義で済まそうとするイケメンの対応も「確かになー」と思ったり、そう言った殻を破った時の気持ち良さもとても共感した。

    社交ダンスに興味は無いけど、ホントに面白い。高校時代を思い出す。

  • 自分の容姿と体型を気にし過ぎて自分を好きになれないげっつと、他人と正面からぶつかることを避けて「事無かれ主義」に徹してしまう掛井。
    自分の悩みに、弱さに立ち向かう社交ダンス部青春漫画第3巻。

    超おもしろかった!!
    楽しみにしてたかいがあったというもの。
    ついにげっつが前髪上げたよ!すごく可愛い!というか美人!!
    それに対する端場くんの反応も面白いこと(笑)
    ぜひいじめっ子の彼にも見てもらいたいですね!

    そして今回は今まで何の問題もなさそうだった掛井くんにまさかの欠点(?)が!
    でもあるよね、そういうのって。特に女子はよくある悩みだと思う。「友だち」だからこそぶつからずに自分を抑えるか、それともぶつかってでも自分らしくあるか。
    ぶつかり過ぎても友だちなくしちゃうし、ぶつからなさ過ぎてもそれは自分がツライだけだし。
    掛井くんは相当ストレスたまってたんじゃないかなぁと思いました。
    けど端場くんのおかげで、本来の自分が出せるようになって良かった。掛井くんの性格悪いところ(?)もっと見たいぞ!(笑)

    3巻もすっごく楽しみです!

  • 端場君がいつでもホンッットにイイ子で癒されます。

    皆イイ子だけどね!

    ゲッツと掛井君もたくさん剥けちゃえ!!
    先輩が楽しいのも嬉しい!

  • 百合ちゃんはママのお姫様よ
    とみながあいは178せんち!!
    …げっつがさ!自分のこと嫌いって言うと!そ…それを好きなあたしのことも否定してんじゃん!!やだよ!!! あ あたしは好きなのに…! げ げっつのバーーーカ!!!逃げ虫ー!!!
    わ わ わりーか うるせーー じゃますんじゃ ねっ ねーーよ!!!
    「もっと踊りを好きになるために もっとがんばってください」「楽しさに上限はないはずです」
    脱ゴキブリ で できっかな 死なねーかな
    緊張はさ した方がいいよしないとダメだよ 緊張しないとピリッとした踊りになんない…それにさ…その方がドキドキして気持ちいいでしょ? ちがう?
    格好つけたくて緊張するんならきみは人より1歩も2歩も勝ってる わかんない? 「舞台にも立とうとしない奴」「立ちたくても立たない奴」じゃないんだよ きみは 失敗しようが笑われようがきみは負けてない
    …でも なんか… ……ともだちなのにな…… …あたしはちょっとさみしいなあ……
    ともだちに「うまくやる」なんてないよきっと
    家族だからねーどーーしょーーもないの でもねー許せたモン勝ちなのよそこは!!
    いーとこも悪いとこも好きなとこも嫌いなとこも誰にでもあんでしょ そんな単純なもんじゃありません

  • 今回は「げっつの気持ちが痛いほど分かる」この一言につきると思います。セリフ回しが、相変わらずリアル。男性の方に読んでもらいたい漫画。男性が思っているより、女性は“色々なことを考えている”生き物です←

  • げっつかわいい!!!
    掛井君のコトナカレは、人事とは思えない…難しい。
    先輩コンビの出会いも好きだなあ(*´∀`*)

    部活っていいね!学生に戻りたくなりました。

  • 青春!!

  • すべての登場人物に共感。まぶしくてずっとみていたい。

全127件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BUTTER!!!(3) (アフタヌーンKC)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする