BUTTER!!!(3) (アフタヌーンKC)

  • 講談社
4.20
  • (183)
  • (183)
  • (77)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1648
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063107814

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三巻まで読んで、ドキドキワクワクおさまらないし、どんどん続きが読みたくなる。これは本命!

  • 人間関係がうまくいったケースの連続。羨ましいとしか言えんわw

  • 今回も「あぁ うん。そうそう!」と
    納得しながら楽しみました。
    とはいえ「女の思考」なんだろうな~とも思いつつ。

    まぁ一通りのキャラの、そ~いうの済ませたんで
    この後はダンスで行って欲しいなぁ と。
    葛藤ならばダンスのだといいなぁ 等と。

    ずっとこの先もこ~だったら疲れちゃうな~(-_-;)
    少女マンガってこ~いうもんなのかな?
    やっぱちょっとイタイって言うか
    気恥ずかしいって言うか
    読むのに意外にパワーが必要で。

    ダンス部分が面白いから 
    そろそろソッチに本腰いれて欲し~な~
    「部活」だから、そんなにはならないんだろうけど…

    少女マンガってMだわぁ

  • やばい みんな いとしい。

  • 若者とくゆうの心の蟠りとかその変化とかが目に見てとれるのがいい。てか高校生に戻りたい。

  • 背の高い女の子がコンプレックスを跳ね除けて可愛くなって行くのがすごい楽しくて面白くて可愛かった←
    これからどうなるのかなー/////

  • 文化祭に向けていろいろ動き出しました。
     ワルツ。難しいけど、教え方は??
      ダンスの先生もちょっと?な設定。熱いのはいいけど。担任の先生も。

  • 女なのに背が高いというコンプレックス、オタクのじわじわした成長、ことなかれ主義の卒業。
    心をスッキリさせてくれる一冊です。

  • 君届とはまた違った青春にオヂサンきゅんきゅん。巻末の高岡君の話にもきゅんきゅん(笑)。

  • なかなか表現しにくい微妙な内面をうまく描かれてて共感しやすいです。複雑な人間関係がモノは結構ドロドロになってしまう印象があったんですが、そういった部分を自然にかつあっさりと書かれてる所が読みやすくて、何より安心します。

全127件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BUTTER!!!(3) (アフタヌーンKC)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする