はじめの一歩(1) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.90
  • (164)
  • (107)
  • (200)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 919
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063115321

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ボクシング漫画と言えばこの作品を挙げます。

    ボクシング漫画は数あれど、一番面白いものはと聞かれたらこの作品をオススメします。

    主人公『幕ノ内一歩』は気が弱いが心優しい高校生。
    父を亡くし女手一つで釣具屋を切り盛りする母を手伝う為にクラスメイトと遊ぶ事ができず、馴染む事もできない。
    加えて、いじめっこからのいじめ。

     そんなある日、ボクシングと出会う。
    『強いとは何か。』を知るために一歩はボクシングを始める。



     はじめの一歩というからてっきり「はじめ」という主人公かと思ったら違ってました。


    それはともかく。

    主人公の努力して困難な道を進むひたむきな姿勢が共感を覚えます。

    ボクシング面だけでなく、ギャグもあり単にボクシング漫画としてだけでなくキャラクターの私生活性格等もよく伺えます。

    素晴らしい漫画。

  • -

  • はじめの一歩はやっぱり序盤がステキだ。30巻くらいまでかな。何度読み返したかわからない。

    ドジでいじめられっ子の一歩が鷹村と出会ってボクシングにハマっていく。
    宮田との初めてのスパーリング、そして河原での会話。宮田が、カウンターパンチにこだわる理由を一歩に打ち明ける。
    これを聞いてしまっては、ズルい戦略はとれない……まっすぐなヤツ・幕之内一歩。
    でも、不器用な一歩がセンス抜群の宮田に真向勝負を挑むなら、生半可なトレーニングではダメ。宮田との二度目のスパーリングに向けた地獄の特訓が始まる…!(ここまでが1巻)

    ここから千堂との日本タイトルマッチまでは一気に読める。アツいぜ。

  • 最近の展開は少年漫画としては大失敗の部類。ここまで歴史長くやってきたのに、このまま駄作となってしまうのか。

  • 終わらないボクシングマンガ。



    早く終わってほしいマンガトップ1のマンガだな。なぜ終わらないのか分からない。なぜ月刊誌に移らないのか分からない。そして、なぜかkindleで読めないという。



    一歩が強くなっていく様はおもしろかったが、多分そういうおもしろさって序盤にしかなくて、それより後はずっと鷹村とか周囲の環境を描いているので、全然先に進まず超つまらん。



    尾田栄一郎や前川たけしといっしょで森川ジョージも『はじめの一歩』以外を描けないマンガ家なんだろうな。

  • 高森朝雄氏・原作、ちばてつや氏・画の「あしたのジョー」。小山ゆう氏の「がんばれ元気」。松本大洋氏の「ZERO」などなど、日本漫画界には、数々のボクシング漫画の名作があると思います。

    その中で、未だ連載継続中という意味では、記録を塗り替え続けているという点では、ボクシング漫画の最高峰に位置している作品がこれではなかろうか?と個人的には思う次第であります。2016年2月現在で、既刊112巻、ですか、、、いやはや、すごいですねえ。

    ボクシング漫画として楽しく、少年漫画として王道のストーリーと作品を覆う優しさ、清清しさが眩しく、画力の上手さはそれはもうお見事。

    もちろん、物語の主人公は幕之内一歩なのですが、ある意味彼は狂言回し的ポジションの存在かなあ?とも思う次第です。

    なにしろ、一歩をとりまく登場人物がみな、とにかく魅力的なのですよね。一歩自身の成長のみならず、他のあまたの魅力十分のボクサーたちにもしっかりと焦点をあてて、一種の群像劇のような様相を呈している気がします。だからこそ、ここまで大長編になっているのだろうなあ、と。

    まだ、80巻ほどまでしか読んでいないのですが、個人的一番のお気に入りキャラは、ヴォルグ・ザンギエフ選手ですねえ。いやあ、カッコいい。

  • ずっと読みたいと思ってたはじめの一歩。きふよみ!ありがとう…。主人公・一歩の成長が楽しみ!ライバル宮田クンもクールに見えて熱いところが良い。私は鷹村さんが好きです。

  • いじめられっこの幕之内一歩はまさにいじめられている最中、偶然ロードワークをしている鷹村に助けられ鴨川ボクシングジムに入門する事になる。ボクシング素人の一歩は、生まれて初めて真剣に取り組む事が出来るもの見つけた。
    ここに夢のチャンピオンに向かっての一歩が始まる!

  • 80巻まで読んだ
    基本的におもしろいが、長いので、またいつか読もう

  • たくさんの困難にぶつかりながらも、努力をし続け成長する主人公や登場人物たちの姿勢に励まされます!

全109件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:東京都、血液型:O型、デビュー:1983年「シルエットナイト」。「週刊少年マガジン」で2作品を連載後、『はじめの一歩』を連載、大ヒットとなる。受賞歴:『はじめの一歩』(平成3年度 第15回講談社漫画賞・少年部門受賞)、コミックス:『はじめの一歩』1巻~107巻(以下続刊)。

「2014年 『はじめの一歩(107)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森川ジョージの作品

はじめの一歩(1) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする