3.3.7ビョーシ!! 1 (少年マガジンコミックス)

  • 講談社
3.62
  • (72)
  • (50)
  • (173)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 481
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・マンガ (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063130508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小さな欠点せこせこ悩むよか今自分の持ってるイイものひとつだけでも伸ばしゃいーんだ

  • フクちゃんピュアすぎる…‼︎

  • 応援団の友達いないかな。

  • 田舎から新宿でホストへ。

  • 昔の本だけど、図書館で借りたので。久保先生の描く女の子はかわいいよな。ほんと。

  • ミツロウさんの描く女の子はやっぱ可愛いなあ。
    読み進めるほど面白くなります。

  • 全10巻 完結

  • 応援×歌舞伎町
    というアンバランスな組み合わせに説得力を持たせるのはさすが。

    私もいろんな人を心から応援できる人間になりたい
    &なるべく活動頑張ります!

  • 高校2・3年生の頃に友達におススメしてもらい借りて読んだらハマって購入した。

  • 2001年ということは僕は14歳、中学2年だったはずだ。

    この漫画が少年マガジンで新連載したときの、あの高揚感は言葉に表すことはできない。
    池袋ウエストゲートパークを見た時と同じような、「同時代性」を感じ取ったからだ。

    主人公フクと、それを取り巻く、キャラたちまくりの圧倒的なサブキャラ。
    「大山のぶ代」「ハイド」なんてネーミングセンスすらも、当時の僕にはなにからなにまで、「おなじだ!!」という無責任な共感を呼び起こさせていた。

    そして連載初回から続く「これこれ、これだよ!」という圧倒的テンションの青春群像劇とリンクして、当時まだ若かったであろう作者のパッションと、作者のバックボーンであろう音楽の要素が当時バンド小僧だった僕には強烈に響いたのだった。

    「グロリアスレボリューション」「YOUNG GIRL 17 SEXUALLY KNOWING」「662BPM」「童貞ソーヤング」「さわって変わって」・・・
    とにかく毎週毎週、当時の自分とリンクするタイムリーなワードがマンガの端々に登場し、「同時代性」を僕はずっと意識しながら毎週楽しみに読んでいた。

    後半の失速もふくめて青春!
    これぞ、青春マンガのあるべき姿!

    フクにドンカラ節やってもらいたい。

全65件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:長崎県佐世保市、血液型:A型、デビュー:mimi『しあわせごはん』(P.N. 久保美津子)、受賞歴:‘93「なかよし」まんがスクール期待賞、‘94「なかよし」まんがスクールギャグ部門銀賞。週刊少年マガジンにて『3・3・7ビョーシ!!』『トッキュー!!』、『アゲイン!!』連載、イブニングにて、『モテキ』連載。他の作品に、Kiss『くらげ』全6回連載・Kiss『幸子の夢はいつひらく?』読み切り・ヤングマガジン『リンダリンダ』読み切り、など。コミックス:『3・3・7ビョーシ!!』全10巻、『トッキュー!!』全20巻、『モテキ』全4.5巻、『アゲイン!!』全12巻巻。

「2014年 『アゲイン!!(12)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

3.3.7ビョーシ!! 1 (少年マガジンコミックス)のその他の作品

久保ミツロウの作品

ツイートする