AKIRA(5) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.96
  • (233)
  • (95)
  • (249)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1483
感想 : 53
  • Amazon.co.jp ・マンガ (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063131666

作品紹介・あらすじ

第3次世界大戦から38年、世界は新たな繁栄をむかえつつあった――。ネオ東京を舞台に繰り広げられる本格SFアクションコミックの金字塔!


感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • レビューは6巻に。

  • ・・・すごい

  • てつおどうなる

  • 進化した鉄雄。金田やケイはミヤコの作戦に乗る。

  • 中盤で大佐が金田と甲斐を見送る場面、最終盤でチヨコがケイを送り出す場面のセリフが、大友克洋さんから若者へのエールのように感じた。終盤で空母の甲板に立つ鉄雄と戦闘機がすぐとなりに描かれている絵はなかなか見ることができない構図だなと思った。皆がネオ東京スタジアムに向かうところで幕。決着のときは近い。

  • ついに米軍艦隊までもが動き出しネオ東京の沖合に接近。そんな中奇跡的に雑踏で再会する金田とケイ。少し離れた間に2人の気持ちは一気に高まったようだ。一方大佐は自分の責任を果たす為もう一度宇宙兵器SOLでAKIRAと鉄雄をもろとも抹殺しようと画策する。米軍、大東京帝国、ミヤコ教、ゲリラ、不良グループ、大佐。それぞれの思惑のぶつかり合う中ついに鉄雄(41号)はAKIRA(28号)に並ぶほどの巨大な力を手にする。その事を待っていたミヤコ(19号)キヨコ(25号)マサル(27号)はいよいよ命を賭けてAKIRAを抑える決意をする。そしてケイに自分たちの"触媒"としての役割を依頼する。その事を聞いた金田は激昂し、その前に自らが鉄雄を倒そうと身一つで死地へと飛び込んだ…金田無謀過ぎるwww鉄雄が段々と力そのものに侵食されだした姿が不気味にも美しい。何となくキャラクターがベジータに見えてきた。どこか悲しみを纏っている。あと全然次元は違うけど身体の一部がデジタルになるの楽しそう。目をカメラにしたいし手首にICカードの機能欲しいし頭はカッコいいヘルメットにして足の裏にジェット噴射欲しいよね。ね。ともかく次がラスト。どのような話になるのか全く分からん。

  • まんが

  • 第5巻。ラス前です。
    この巻では何とアメリカやソ連(←時代を感じますね〜)が出てきます。
    しかしどんどん強力になる鉄雄には敵いません。
    そして鉄雄がついに暴走しはじめます。
    もう人では無くなってしまった、、、
    そしてミヤコ様(19号)、25号、27号、ケイは鉄雄を利用してアキラを葬ることを画策。
    この話し、もうケイが主人公みたいなもんですね。
    金田はどうした?(^_^;)

  •  ミヤコが鉄雄にドラッグを使っているうちはまだまだだみたいな事を言って、鉄雄がドラッグをやめたら本気で強いサイキックパワーを発揮するようになったのだが、そのコントロールが効かなくなり、鉄雄はともなくミヤコがうろたえてやんの。全く困ったものである。

     ヤクが抜けてすっきりした顔の鉄雄は髪が短くなって色も薄くなった様子が達人っぽくてかっこいい。

     金田が復活して、ジョーカーがいじられキャラになる。バイクのシーンもすごくいい。以前読んだ時はケイが金田に魅かれるのはどうかと思ったのだが、今はよく分かる。あんな子どものように明るくて楽しくて、エネルギッシュなら好きなってしまうのも分る。擁護施設育ちなのに愛着障害は大丈夫なのだろうか。

     金田、山形、甲斐と苗字で呼び合っていたのに鉄雄だけファーストネームなのはちょっと下に見られていただろうか。

  • ケイとキスした!!!

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家・映画監督。宮城県出身。
1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。
1988年、自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を受け、海外における日本アニメムーブメント(ジャパニメーション)のさきがけとなった。
2013年、日本政府より紫綬褒章。2014年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシェ。2015年、第42回アングレーム国際漫画祭・最優秀賞(フランス)。

「2017年 『TRIBUTE TO OTOMO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大友克洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

AKIRA(5) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×