無限の住人(2) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (27)
  • (26)
  • (110)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 512
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063141016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ストーリーはなんとなくつかめてきた。先行き不安も、5巻までは。

  • 閑馬はカッコイイよね痩せぎすで、フラフラで。
    彼の武器、井上真改蟲殺は全キャラ中1番好きな武器かも知れない。
    刀に毛を植えて、毒を滴らせるの。外道。カッコイイ。最早エロい。
    不死VS不死はどちらも死なないから絵面が凄いことになって良い。
    不死蟲飼っててもああすれば死ぬんですね。
    あの状況で外出しちゃった凛ちゃんはちょっとバカだけど気持ちは判るしヒロインとして正解。
    強キャラ遊女剣士、槇絵さんも良かった。挨拶が美しい。
    武器ケースが三味線。凄く叙情的な人。
    巻末の武器紹介超面白いのでもっとやって欲しい。
    沙村広明は無闇に設定凝ってそうで堪らない。

  • 安定している。
    トドメを刺すときにコマの周りに黒縁が出るのも、一枚の絵画の様に見えて良い。

    槙絵は今後どう絡んでくるのか楽しみ。

  • 沙村広明

  • 死ねない男同士の斗い。遊女にも剣士にも幸福な女にもなれないと嘆く槇絵の悲しい決断。影久の残酷で純粋な愛。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

『無限の住人』『波よ聞いてくれ』『ハルシオン・ランチ』『ベアゲルター』などで知られる実力派漫画家。

「2020年 『無限の住人~幕末ノ章~(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沙村広明の作品

ツイートする