無限の住人(3) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (28)
  • (22)
  • (109)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 495
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063141092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ようやくストーリーがみえてきた。渋い流れになるも、これからどうなるか。

  • 槇絵さんは随分長く活躍していった。

    影久の言葉にも納得出来る部分が数多有るし、
    彼は彼なりに正義を貫いていることが判った凛との邂逅。
    影久は三郎のことを嫌っている。
    登場人物が敵味方共に自分なりの善や道や美学などを抱いているマンガが好き。

  • 戦いは分かりづらいが、迫力がある。
    キャラクターが魅力的なので一気に読めてしまう。
    人間模様が素敵な作品。

    ヒロインが可愛くなってきた。

  • 沙村広明

  • 辛い思いをしてまで剣を持つ理由。斗う理由。人を斬る、ということ。それぞれの生き方、生き様を知る。卍vs槇絵、凛vs影久。

  • 卍vs槙絵の巻。この巻のコマ割が良いんですよ。何と言うか、無駄なくストレス無く卍ズタボロって感じで。背景、雰囲気を生かしたアクションが素晴らしいです。

  • 人間の深層を問いかけられているよう。戦闘シーンは迫力モノ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

『無限の住人』『波よ聞いてくれ』『ハルシオン・ランチ』『ベアゲルター』などで知られる実力派漫画家。

「2020年 『無限の住人~幕末ノ章~(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沙村広明の作品

ツイートする