BLAME!(2) (アフタヌーンKC)

  • 400人登録
  • 3.76評価
    • (42)
    • (25)
    • (77)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 弐瓶勉
  • 講談社 (1998年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063141948

BLAME!(2) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 借りて読みました。

    劇場版で名前の出ていた塊都(てっきり字は海都かと思ってた)が登場。
    まだ滅びていない。
    シボさんも塊都で登場する。
    ちょっと性格が軽い気がするけど、コッチの方が人間くささがある。
    そして電子戦を仕掛ける機械装備しまくりシボさん、カッコイイ!
    ブーストしまくって準備万端のにした状態で仕掛ける戦って良いよね。
    科学者なら、そうでなくちゃ。

    塔が崩れちゃったけど、帰りはどうするのだろうか?
    というか超構造体って、この作者の特長なのか『シドニアの騎士』なんかと世界が繋がってるのかどっちなんだろう。

  • 助けに来たわよ 霧亥

  • なんとなく舞台がとてつもない巨大な構造物で何千何万という階層に分かれているんだなってことはわかってきた。でもやっぱりわかりにくくて1巻に何度も戻りつつ確認(^^;)もうひとりのメインキャラ?シボが登場して会話が見られるようになってなんか安心した。

  • 少しづつ明かされる世界・・・
    無機質な構造物だけの世界で「霧亥」が見るモノは?

  •  

  • この辺ぐらいまでは、まだ文字がある!一先ず謎をはらんで、ドキドキしながら世界感に浸れ!

  • 果てなく続く階層に不安を掻き立てられます。SFものは興味が無かったのですが、これは別物。物語の世界観に衝撃を受けました。(物語の初めから台詞がほとんど無いのに驚いた)で、一番好きな2巻をチョイス。全10巻。

  • 不死身の戦士霧亥。腕ちょんぱしても即復活。バトルと巨大建造物ダンジョンのバランスが一番良かったのはこの2巻かな。

全9件中 1 - 9件を表示

BLAME!(2) (アフタヌーンKC)のその他の作品

弐瓶勉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする