なるたる(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (19)
  • (22)
  • (71)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 359
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063142297

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • vsアマポーラ、ハイヌウェレ。東富士演習場での戦闘。この悲惨な一戦が後々まで尾を引くことに。今更だが一話のページ数が定まっておらず、アフタヌーンに掲載されていた時はどんなページ構成だったのか気になる。129Pののり夫はズボンを穿いているのか?

  • 本格的な戦闘。大人は誰も(っていうか主に宮子だけど)信用できない!って中で、普通の感覚を持つ自衛隊員が登場しちょっと安心したと思ったら、悲しい結末に。竜の子に関わる子供らがみな痛々しすぎる。

  • 現在の日本の設定をちょこっと変えたないでのSF
    ありえないけど、ちょっと間違えば現実にあってもいい感じに
    表現されていて、のめりこませる。けっこうグロテスクだったり、
    人間の汚さを綺麗に描けていると思う。
    現代SF好きにはたまらない1作

  • 自衛隊と竜骸の戦闘は良かった。
    アマポーラのガスはどうやって仕込んでたのかとかそういうのは置いておいて…

  • 少しずつ

  • 目を閉じるな
    シイナ
    それがおまえの 役割だ
    見ろ そして
    忘れるな

    (第21話 戦う者に華の芳を そして死ぬ者に)

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1966年、愛知県出身。名古屋工業大学在学中の87年に、『残暑』で小学館新人コミック大賞に入選。95年、アフタヌーン秋の四季賞に準入選。同作を第1話として『ヴァンデミエールの翼』を連載。その後『なるたる』『ぼくらの』など代表作多数。現在「イブニング」にて自転車入門漫画『のりりん』、「good!アフタヌーン」にて『なにかもちがってますか』を連載中。

「2017年 『新装版 なるたる(8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なるたる(4) (アフタヌーンKC)のその他の作品

鬼頭莫宏の作品

ツイートする