ミルククローゼット 1 (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (5)
  • (11)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063142457

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「エイリアン9」と比べると知名度や完成度で劣るかもしれない。でも実験的・意欲的なSF漫画。エイリアン9でも要素としてあった物体への観測による作用を主題に取り上げている。
    おそらくSFとしてはかなり尖っている内容なんだけど、どこか癒やされるのは普通の女の子が主役だからかな。ロリコン趣味と言ってしまえばそのとおり、でも案外演出として無害な女の子を視点に据えてるんだろうか、とか考えてしまった。

  • 説明台詞を使わないで表現する世界観が面白い。
    それにしても出だし、分りづらいなーと思っていたら、1巻が終わる頃にはちゃんとある程度のまとまりをくれて、この世界に引き寄せられて納得している自分が居た。主人公達が不思議に感じるのと同じように感じながら読み進めて行くのが醍醐味か。

  • 身体表現の新しい形をこの作品に見る

全3件中 1 - 3件を表示

ミルククローゼット 1 (アフタヌーンKC)のその他の作品

富沢ひとしの作品

ミルククローゼット 1 (アフタヌーンKC)はこんなマンガです

ツイートする