竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (193)
  • (127)
  • (285)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1284
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・マンガ (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063142969

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱこの人の短編集は愉快だなあ。
    好きっす。

  • クソ面白い

  • 表題作は青春ラブコメ。作者の作品には珍しく人が死なない、バイオレンスがない、そしてアクションもない、が、ギャグは満載。2本目は女性漫画家の怒涛の人生を東映ピンキーバイオレンスチックな短編に。そして3本目は京都観光案内を兼ねた8ページの超短編ギャグ。個人的には2本目がおすすめです。

  • この人は本当に絵が巧い! そしてコミカルな脱力感がいい! と感服。
    「ブラッドハーレーの馬車」「シスタージェネレーション」に続き、三冊目に触れることになる短編集。
    もちろん「無限の住人」から知ったが。

    主人公は一応存在するが、作劇の仕方が神視点。
    そういう点では、映画寄りの作劇をするのが得意な作者なのかも。
    構図の取り方も面白い箇所がいくつもあるし。

    個人的にはヘタレ主人公の顔が「無限の住人」の尸良に似てて笑ってしまう。

    表題作以外の「涙のランチョン日記」も、妙な疾走感があって素敵。

  • 恋は不条理。

  • 黒田硫黄と雰囲気が似ている。

  • 短編集と言いつつもほとんどおひっこしの話でしたね。それにしても面白い。おひっこしの方は若いなーという感じが物凄い出ていて面白く、キャラクターも個性豊かな面々が沢山登場し、沙村広明ワールドが出ていたかな?といった印象です。涙のランチョン日記はストーリーなどがめくるめく展開の連続でしたがとても面白かったです。沙村広明先生は何読んでも満足させてくれるなと感じました。

  • 最高のコメディと不謹慎で人間の汚い部分をあれよあれよと見せつけられ酔い潰れるような気持ち良い吐き気じみた何か、とにかくちっぽけな俺というヤツは尊大で偉大でガハハハやったるでという気持ちにもなるような(曖昧模糊)、全力でボタンを掛け違えていく感じの。

  • おひっこし #01 レモンキッド/ 初出 アフタヌーンシーズン増刊 Vol.4 Summer 2000
    おひっこし #02 誰がそれを / 初出 アフタヌーンシーズン増刊 Vol.5 Autumn 2000
    おひっこし #03 とくするからだ / 初出 アフタヌーンシーズン増刊 Vol.7 Summer 2001
    おひっこし #04 太陽 / 初出 アフタヌーンシーズン増刊 Vol.8 Autumn 2001
    おひっこし #05 新しい日々 / 初出 アフタヌーンシーズン増刊 Vol.9 Winter 2001
    少女漫画家無宿 涙のランチョン日記 / 初出 アフタヌーンシーズン増刊 Vol.2 Winter 2000
    みどろヶ池に修羅を見た / 初出 アフタヌーンシーズン増刊 Vol.1 Autumn 2000
    あとがき

    装丁 久持正士 (HIVE)
    印刷 図書印刷
    製本 フォーネット社

  • 若者の熱い恋愛に,他のマンガや映画のパロディがちりばめられた面白い作品。おしゃれです。

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『無限の住人』『波よ聞いてくれ』『ハルシオン・ランチ』『ベアゲルター』などで知られる実力派漫画家。

「2020年 『無限の住人~幕末ノ章~(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沙村広明の作品

竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする