篠房六郎短編集~こども生物兵器~ (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.09
  • (5)
  • (13)
  • (98)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 283
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063143058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 商業誌デビュー作「やさしいこどものつくりかた」、それよりもっと古い「生物兵器鈴木さん」、アフタヌーンで連載してた「空談師」の原型の3作品を収録。

    篠房六郎の絵、個人的に超ツボです。いつまでも眺めていたい。
    ぶっとい線で画面が真っ黒になるくらいグリグリ描き込んであるのが堪らんのです。特にファンタジー系の緻密な衣装やら武器やらがもう……。

    『百舌谷さん逆上する』の表紙(カバーの下)にも書き殴られているようなめちゃめちゃ陰湿な感じ(勿論いい意味で)が初期の頃から既に全開で、篠房氏がそれを描き続ける限りは一読者としても全力で読み続ける所存であります。

  • 初期の作品集なので 読後は、ちょっと疲れる感じ。
    台詞が多く難しいかな。
    最初の話と最後の話は面白かった。

  • 全然覚えてないけど、売ったってことは多分つまんなかったんだと思う。

    あと、全キャラ顔がデカイ。

  • 篠房六郎はおもしろいと感じられるならおすすめ。かなり濃厚なので。

  • スペルマンってトラウマになっちゃうだろw

  • やさしいこどものつくりかた

  • あなたもわたしもアンドロイド。

  • 何故か夢で「篠房六郎を買え」といわれたので買ってみた。面白いじゃないか(過去に一作品だけ見たことがあったんだ)こういう何とも言えない漫画は、誰に通じてるんだろう・・・遠藤浩輝を思い出した、似てないなぁ。

  • 作画力は流石。でも難しくて飽きちゃウ。

  • 変質者のおとこ汁がたっぷり付着した砂利を女子小学生に投げつける男子小学生が顔射されるマンガ。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。1998年アフタヌーン四季賞にて、『やさしいこどものつくりかた』で四季大賞を受賞、同年「アフタヌーン」6月号に掲載されデビュー。2002年から2003年に『空談師』を連載。『ナツノクモ』(小学館)を経て、2008年から2013年に『百舌谷さん逆上する』を連載。

「2016年 『葬送のリミット(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠房六郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鶴田 謙二
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする