無限の住人(13) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.51
  • (24)
  • (25)
  • (90)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 399
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063143065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現時点での最強、槙絵さんの美しすぎる殺戮!
    幼少の頃からそれに憧れていた天津くんもまた綺麗で無駄のない戦闘をするわけで、戦闘描写に人間性とか互いの関係が描出されていて、本当にすごいなと再確認する。
    そこへきて主人公側の卍くんは脳筋、敵の武器を腕力で破壊して笑った。
    凛も大きくなりました。卍くんも子守り卒業、感慨深い。
    こんなにむちゃくちゃ面白いのにまだ全30巻の半分も読んでないの幸せすぎる。

  • マキエ、つえー。万次対偽一の闘いは必読。

  • 凶、槙絵も参戦し、いわばオールスター全員が揃った形に。
    凶はなぜ追って来たのか分からないけど、まぁ、凶だし良いんじゃないかなぁ。お茶目な凶君萌え。

    槙絵の表情が恐ろしく素晴らしい。少し泣きそうな顔で切っていくのも内情が現れている様で良い。
    動きも雅で美しい。

  • 力強く暴れる卍と凶。美しく派手に舞う槇絵。男の斗いを受けて立つ影久。戦国の夢を最期まで見届けると誓う凛。卍、子守り終了。

  • 卍さん、子守り卒業。

  • この先卍はどうなるのか、切り刻まれて蟲の息。影久と凛の距離が微妙になっているではないか!というか影久、イメージが変わってるし。尸良、もっと掻き回して。永空や真理路に会いたいなぁ。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

漫画家。1970年生。千葉県出身。
1993年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて四季大賞を受賞した『無限の住人』でデビュー。
同作が年末より連載化し、2008年にはアニメ化もされるなど、長期間にわたり人気を博したが、2012年末に堂々の完結を果たした。
2011年より「少年シリウス別冊ネメシス」(季刊誌)にて『ベアゲルター』を連載開始。
他の作品に『おひっこし』『シスタージェネレーター』『ハルシオン・ランチ』(以上、講談社)、『ブラッドハーレーの馬車』(太田出版)などがある。

「2018年 『波よ聞いてくれ(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

無限の住人(13) (アフタヌーンKC)のその他の作品

沙村広明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする