ラブロマ(1) (アフタヌーンKC)

  • 講談社
3.78
  • (95)
  • (74)
  • (161)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 568
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063143300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (*´∀`*)ポッ

    だいぶ前にダヴィンチで紹介されていて読みたかった作品。
    高校生の男女のどストレートな恋愛漫画なんですね。
    率直で爽やか。
    星野くんと根岸さんの言葉と行動には嘘がない。
    ふたりとも大好きになってしまった。
    『恋の横恋慕』のエピソードが一番好き。

  • 星野くんの行動すべてが理解不能(でもときどき言うことが深い)。
    根岸さんも暴力的でなんか好きになれない漫才カップルって感じだった。

    ライナーノーツで作者のかたわらにいるネコがかわいくて好き。

  • この作品の後で発刊された"FLIP FLAP"の後で読んだのですが、まるで20数年前の高校時代にタイムスリップしたような、すごく世界に引き込まれる作品。恋愛観と言うか、主人公の二人のやり取りがとてもコミカルで面白いです。

  • 再読ー。

  • 見てらんない。

  • 駆け引きドロドロ一切なしのド直球ラブコメ。

    素直で素敵な2人のやり取りは
    見ているこっちまで幸せな気分にさせてくれます。
    余計なことを考えすぎて1人でループに嵌ることの多い私にとっては
    教えられることも多い作品でした。

  • 超絶いいよぅ…

  • こんなにキャラが立ってる主人公も珍しいなぁ。

    それにしてもとよ田みのるの見開きの上手さは一作目のラブロマから健在であるw

  • 天然でストレートな星野くんが
    普通女子根岸さんに猛烈アプローチする話。
    星野くんがなかなかいい味してるけど、
    根岸さんの魅力がイマイチわからなくてなんとも言えない。
    今後どうしていくのだろうか。

  • ラブコメって全く読んでこなかったけど、この本にはジャンルの枠を越えた新鮮さがあった。
    キャラクターには十分すぎる魅力がある。根岸も星野も他にはないキャラクターだと思う。特に星野のぶっ飛んだ感じは読んでいて面白く、もっとこいつらの日常を覗いてみたいなと思わされる。

全78件中 1 - 10件を表示

とよ田みのるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラブロマ(1) (アフタヌーンKC)に関連するまとめ

ツイートする