犬姫様(1) (アフタヌーン KC)

著者 :
  • 講談社
3.24
  • (5)
  • (4)
  • (39)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063143430

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 飼ってるメス犬が人間の女の子に見えたり、犬のままだったりするのだが、どちらの形態で見えているのか主人公が混乱するように読んでるほうも翻弄される。犬のライが人間の姿でも従順で奔放なのも魅力なのかな。

  • 悪く云えば昭和の香りがする、
    良く云えば懐かしい感慨を抱ける作品。
    ネタがどうこうと云うのではなく、
    全体的な雰囲気の話です。

  • 犬が人間に!?でも都合よくいつも人間には見えない・・・。で、よく描いた(笑)アフタヌーンに。しかも可愛い。

  • 飼っていたメス犬がある日女の子になっちゃた。
    他人には犬に見えても、自分には女の子に見えてしまう。犬の願望は人間になる事。その思いはやがて飼い主との立場を揺るがす。

全6件中 1 - 6件を表示

二宮ひかるの作品

ツイートする
×