おおきく振りかぶって(9) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.94
  • (413)
  • (204)
  • (471)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 2992
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063144826

作品紹介・あらすじ

面白さ絶対保証! 大人気本格高校野球漫画、待望の最新刊! 監督は女性、選
手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気
で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!! 試合や練
習を通じて成長していく選手たちのまばゆい姿。最新のスポーツ科学を下敷きに
描く、全く新しい野球の面白さ。丹念に描かれる青春の情動。そのどれもが日本
中から熱烈な支持を集める、今いちばん面白い青春スポーツ漫画!!


読み終わったあとたくさんの方に「ありがとう」を伝えたくなる作品です!!――声優[三橋廉役]代永翼 1年生だけでスタートした西浦高校は接戦の末、夏の選手権大会の初戦に勝利した。しかし、4番田島は試合中に右腕を負傷していた。次の試合までには1週間のインターバルがあったが、田島の腕は完治しない。百枝監督は田島の負担がなるべく軽くなるよう守備と打順を大きく変更して3回戦に挑む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桐青の主将だった和さんと美丞大狭山のコーチであるロカさんの一コマから。和さんの特技面白い。理系なんだろうか。
    田島負傷につきポジションも打順も動かす西浦。相手のベンチを腐らせる阿部の発想。阿部はひどいやつだよ。怒鳴ってなくても大きな声だから萎縮するんだよと沖の指摘。三橋が極端だから埋もれているが、沖も弱気な性格。栄口が想像する中学時代の三橋とマウンドを譲れない理由。それぞれの個性があるからひとつのチームになれるのだ。

  • 桐青の3年と美丞で野球の指導をしているOBとの情報交換からはじまって、本格的な応援団の立ち上げ、3回戦の崎玉高校戦の作戦会議、そして試合開始といった内容。

    4番の田島くんが負傷のため、キャプテン花井くんが4番。田島くんにコンプレックス持ってる花井くん、つい応援したくなります。

    「おお振り」コミックスの楽しみは、カバーをはずした表紙に印刷されている番外編マンガ。今回は部活の後の選手たちの話。コンビニでカロリー補給後解散って・・・まさにうちの息子とおんなじ(笑)スポーツやる子たちって、みんなそうなのねw

  • よかった

  • 1年生だけでスタートした西浦高校は接戦の末、夏の選手権大会の初戦に勝利した。しかし、4番・田島(たじま)は試合中に右腕を負傷していた。次の試合までには1週間のインターバルがあったが、田島の腕は完治しない。百枝監督は田島の負担がなるべく軽くなるよう守備と打順を大きく変更して3回戦に挑む!(Amazon紹介より)

  • どんなにドラマティックに勝利しても、その次の時間は必ずやってくる。

    それぞれの登場人物の持ち味は相変わらずだけど、いろんなことが起こり、前とは同じでないとこも出てくる。

    出会って数ヶ月で、こんなに、それぞれが変わっていくんだなぁ。
    その姿が、心地いい。

  • 花井と田島の対比にとてもわくわくする巻。やはり阿部は高校一年生男子とは思えぬ。もうこのチームは実在してるのでは!?と思い込めるくらい登場人物が生き生きしている。生きてる。

  • 三橋とのコミュニケーションにおいて阿部はよく頑張ってると思う、大声出さないようにって気をつけたり、目をつぶってムカつくのを抑えようとしたり(これはどうかと思うけど)。崎玉との試合をコールド目指そうと決めたのも三橋のためだけどその気持ちはうまく伝わってない様子。はてさて。

  • 桐青戦最後の打席、無理をして打ったため指を故障した田島。次の試合は4番降格です。監督の言葉一つ一つに一喜一憂する田島が可愛いらしい。そして栄口くん。三橋の変化を自分のことのように喜べる彼は本当に良い人ですね。

    そして始まる第二試合。相手は埼玉高校。田島を1番。花井を4番にしてコールドを狙って頑張ります。

  • 田島くんをうまいこと乗せている監督に笑えるのと、チアにデレ~としている浜田が年相応でニヤニヤです。

  • BookLiveの1巻のみ無料キャンペーンで知り、BookLiveの思惑通りにはめられてしまいました。
    野球マンガなんて、タッチ以来か?

    進み遅いけど、とにかく面白かった。

    まとめて総括レビュー
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4063878457

全94件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。
現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

「2020年 『おおきく振りかぶって(33)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひぐちアサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

おおきく振りかぶって(9) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×