新装版 大日本天狗党絵詞(1) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (19)
  • (19)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 178
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063145366

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読。やっぱりものすごくドキドキする。

  • 有頂天家族ともしかしたら浅からぬ関係があるかもしれないと聞いた。
    天狗とはなんたるか、謎は深まるばかりである。

  • その昔人々から畏怖された天狗達は、現代では人目を忍び人間社会の狭間でひっそりと生き続けていた。そんな天狗達がかつての栄光を取り戻そうと人間社会に君臨すべく反旗を翻す。しかし、そもそも人の世に馴染めず人間であることを辞めた存在である天狗にとって、権力を得ること自体が自己矛盾であり、やがて内部崩壊をしていく。一見不思議なストーリーが、筆による独特のタッチと天狗の飛翔感溢れる大胆な構図がとても印象的な作品です。

  • 天才っているんだなあ、と実感した漫画です。
    墨で書かれた濃密な世界の中で、天狗にも人間にもなれない宙ぶらりんの主人公シノブが飛んだり跳ねたり飯を食ったりしています。台詞も妙に作ったようなものでなく、その場面で必要な台詞だけを喋っているので、なんか漫画なんだけど登場人物たちが生き生きと感じられます。ストーリーも起伏に富んでおり、飽きさせないし、読んでないと人生を損していると断言できる作品です。おすすめです。

  • 劇画タッチの絵柄と独特のカメラワーク、独創性溢れるシナリオとが一体となり、全編に言い様のないシュールな趣を湛えている。ギャグなのかシリアスなのか、狙ってか天然か、どのようにも取れる不可解なムードにノックアウト。

  • だってもう22にもなってほかにどうしろって

  • ~3 完

  • 墓まで持っていく系。

  • むかしの単行本どっかいっちゃってたから新装版嬉しい。シノブが格好いい。

  • 筆すげぇってなります。
    竹ペンなんか使ってみてくれないかなぁ。
    浮世絵みたくね。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1993年、講談社月刊アフタヌーン四季賞秋のコンテスト大賞を『蚊』ほか3編で受賞し、デビュー。その後、『大日本天狗党絵詞』『茄子』『あたらしい朝』『アップルシードα』(ともに講談社)や『大王』『黒船』(ともにイースト・プレス)など、著作多数。2002年『セクシーボイスアンドロボ』(小学館)で文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。同年夏に『茄子』の1編「アンダルシアの夏」を原作にしたアニメ『茄子 アンダルシアの夏』が劇場公開された。

「2016年 『セクシーボイス&ロボ(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒田硫黄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
黒田 硫黄
五十嵐 大介
黒田 硫黄
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×