あたらしい朝(2)<完> (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (12)
  • (18)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063145557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蜀崎ェュ縲ゅs繝シ縲√d縺」縺ア繧頑カ亥喧荳崎憶豌怜袖縲

  • 歴史が苦手じゃなければ楽しめるのかも。

  • 2015/1/23購入
    2015/4/12読了

  • もうちょっと続くと思ってたのだけど、あっけなく終わってしまった。でも、改めて思うのは、僕は黒田硫黄の描く女の子のあの、きりりとした感じが本当に好きだな、ということ。(11/2/27)

  • 「うわああーああぁ……」
    っていう感じの作品だった。
    うわああーまでが一巻で、
    ああぁ……が二巻。
    主人公は歴史に翻弄されていたけど、主人公も人を翻弄しまくる。
    それでも憎めない真っ直ぐな人柄ではあるが、
    お前それでいいのか!!!というツッコミを入れたい。

    しかし、戦争終わって、置いていかれたような感じというか、
    ポンと放り出されてしまって、なんにもない。
    それでも朝はやってくるし、生きてるんだよなー。
    そういう感じのエンディングだった。

  • 硫黄作品としては凡作じゃないかなあ。。

    女性はこわいですね。ていうかこれ戦争モノにする必要あったのかなあ。ファンの方に怒られそうですけど。硫黄さんが軍隊や軍装備etcを調べたかったアンド描きたかっただけな気がする。それはそれでいいんですけど。

  • 夢見がちなありふれた男にも逞しく現実を生きる女にも新しい朝はやってくる。

  • 作者さまにサイン貰ったよ!ウヒョー!嬉しい♪

  • 腹をくくった女性の力強さを描かせたら世界一!
    とか言っちゃう。
    黒田硫黄と同じ時代に生まれて新作を読める幸せ。
    黒田硫黄が病と折り合いながらも新作を発表していることのありがたさ。

    違う!と、向き合えることが尊いと思った。主人公。

  • 終わりの方が気に入らず。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1993年、講談社月刊アフタヌーン四季賞秋のコンテスト大賞を『蚊』ほか3編で受賞し、デビュー。その後、『大日本天狗党絵詞』『茄子』『あたらしい朝』『アップルシードα』(ともに講談社)や『大王』『黒船』(ともにイースト・プレス)など、著作多数。2002年『セクシーボイスアンドロボ』(小学館)で文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。同年夏に『茄子』の1編「アンダルシアの夏」を原作にしたアニメ『茄子 アンダルシアの夏』が劇場公開された。

「2016年 『セクシーボイス&ロボ(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あたらしい朝(2)<完> (アフタヌーンKC)のその他の作品

黒田硫黄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
黒田 硫黄
有効な右矢印 無効な右矢印

あたらしい朝(2)<完> (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする