小説 仮面ライダーファイズ (講談社キャラクター文庫)

著者 :
制作 : 石ノ森 章太郎 
  • 講談社
3.36
  • (6)
  • (12)
  • (18)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063148541

作品紹介・あらすじ

数奇な運命に振り回された巧と真理。啓太郎、雅人、直也、勇治、彼らとの出会いと別れ-。新たに登場した光る戦士の正体とは。何もかもすべてが去ってしまった今、巧と真理は幼い頃に感じた温もりと鼓動を胸に、再び歩き始める…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本編・異形の花々の方については残酷で凄惨な雰囲気の中に閃く、人間の愛・願い・希望・正義が清冽に美しい物語で☆5つ付けているが、今回は追補版「5年後」について。

    これは書かないでほしかった……というのが正直な感想。

    勇治の名を受け継ぎ、直也に連れてこられた啓太郎の息子である勇介が、オルフェノクと人間の間に生を受けたことで「光の人」として特別な力を持ち、新生ファイズに変身するという内容。
    この辺りは「いずれ地球の代表者として”何者か”と戦うために生まれてきた」「人間の種としての進化形」であるオルフェノクという設定に準じているような雰囲気。
    TV編ではオルフェノクを食らうことで不死身となったオルフェノクの王が登場するが、小説版ではもしかして人間とオルフェノクが交わって生まれた勇介こそが、灰化の運命を逃れ、いずれ人類と地球を守る救世主となるのでは…なんて妄想が膨らむ。「お前は夕焼けか朝焼けか? 闇に向かうのか光に向かうのか」という問いかけの詩情も実にカッコイイ。

    しかし小説版のあの美しいラストで「強く生きる、正しく生きる」ことを選んだはずの真理が五年経ってもまだ迷い多きやんちゃな少女のままなのには少々ガッカリだし、草加もTV編の孤独死や本作でのダルマ化に比べると、印象の薄い死に方だった(ただあの見苦しさは草加らしくて良かったと思う)。
    なにより小説版ラストでの巧の死が暗示される印象的なシーンがあったのに、巧が生きていたことが残念だった。
    もちろん巧のことは大好きなのだが、本作のラストシーンからは「生きていることが救いなのではなく、巧の生命から真理が生きる希望を受け取ったということが何より大事である」(誰かを失っても、その命を心に宿して生きていける。自分が死んでも、命を誰かに伝えることができる)というメッセージを感じていたのに、巧が生きていたことでそのメッセージが失われてしまったように感じた。
    生きて動いてる巧が見られたことが嬉しいのは確かにあるのだが、やっぱり元通りのラストが一番良かったと思う。

  • かつて「正伝」として発売されていたTV本編メインライター井上敏樹が描く小説「異形の花々」の再録に、後日談「五年後」を書き下ろしたもの。
    TV版ではできないであろう残酷な描写、悪性が際立つキャラクター描写が目立ってよく話題になっているが、TV本編の主要キャラクターに絞って展開される人間ドラマによって、オルフェノクと人間という種の関係性がより精彩を放っている印象だ。
    三人称視点で、色々なキャラクターの心理を描いている印象だが、なかでも実質主人公的な描かれ方をしているのはおそらく本編ヒロインの真理だろう(本編主人公の巧は活躍はしても「主人公的」とはいえない描かれ方だと感じる)。さまざまなキャラクターが良い方向にも悪い方向にも極端なキャラクターが多い中、真理の感性はいたって一般的だ。彼女の感じ方に納得しながらも、この555の世界においての「正しい行動」とは何なのか、誰もが考えさせられるに違いない。
    真理以外のキャラクターの言動も、幼少期の経験が人間の衝動的な行動に出てくる、という観念で描かれているが、現実になさそうでありそう、という塩梅を感じる。どうしようもないのだが、生き生きとしたキャラクターだと感じてしまうのだ。ぜひ体験してもらいたい。

  • ファイズ、大好きだったなー
    善悪の二元論じゃないところが良く、当時それはもう真剣に見てた笑

    本作は余計な設定はばっさりカットして、
    心情にフィーチャーされていて、まさに私好みでした。

    小説のお作法としては気になる点は多少あるのですが、たまには、ただただワクワクするものを読むのは幸せです!

  • 「異形の花々」って作品に描き下ろしを加えたもの。脚本家が好きに描いたら・・?ってのを見たくて買った。表紙に出てくるオルフェノクが大体出てこないけどw

    一言で言うと、テレビ作品の小説による凝縮の、メリットもデメリットも出ちゃった作品。
    テレビじゃないので余計な敵キャラ・仮面ライダーを出す必要がないし、設定を大幅にカットできる(スマートブレインまでカットw)ので無駄なく描きたいもの(元人間の怪人と人間の葛藤)が出てる。
    しかしその反面、展開が急すぎて残念・・な感が否めない。思い返せば、スッキリした構成なんだけど。設定の説明がかなり省略されてて描写不足・・ってことも思う。テレビの設定を覚えていても「あれ?流星塾って結局何の集まり?」「真理の両親って何者?」だとか謎が残りまくる。
    結局、短すぎて物足りないってのが正直な感想。

    R18描写が容赦なく出てくるのは小説版のメリットを生かしたいいところ。雅人が色々とひどすぎる・・

  • 過去に発売された仮面ライダーファイズのノベルズ「異形の花々」の再録に、
    その5年後の話の短編を追加した内容になっています。
    「異形の花々」は既読です。といっても、発売日に買って
    その日のうちに読んだのでだいぶ忘れていますが。

    基本的な世界設定は原作と同じですが、大きな差異としてスマートブレインが
    登場せす、カイザ以降の強力なベルトの存在しない(あるいは存在はしているが
    オルフェノクの手によって葬られたと思われる)ファイズ本編のifの世界が
    書かれています。
    カイザが量産化され(なぜ力が安定しやすいファイズやデルタではないのか疑問ですが)、
    オルフェノクに人類が勝利した世界の話となっています。映画とは逆の話と
    いえるかと。
    内容は井上敏樹の小説らしく、子供向けでも大人向けでもファン向けでもない、
    悪い意味で下品な話になっています。キャラクターが崩壊しており、心理描写が
    稚拙で、仮面ライダーが活躍しません。
    ファイズ好きならば読むべきではないと思います。龍騎もですが、せめて
    登場人物名などを変えて、別の作品として出して欲しかった。
    おそらく、脚本であれば、アクターの力で大きくぶれずに、人物描写・心理
    描写ができるのですが、小説だとアクターにキャラクター像の創造を協力して
    もらうことができないので、自分の中で設定して固定しておく必要があり、
    井上敏樹にはそのキャラクターのイメージ能力と描写能力が足りないのでは
    と思います。

  • ファイズのメインライター、井上敏樹さんによる小説。
    ファイズは本編、映画、この小説と全てパラレルワールドです。
    ですがそれぞれが、総じてファイズという世界観を様々な描き方で描いています。
    ファイズ本編を見ていた人なら、きっと「このファイズもイイ!」と思ってもらえるはず。

  • この作品は2004年8月、講談社より刊行された仮面ライダーファイズ正伝-異形の花々-に『五年後』を追補したものです。

  • 人間と、人間の進化形にして怪物であるオルフェノク。それらと戦うファイズこと乾巧と園田真理、オルフェノクでありながらも人間の心を持ち、守ろうとする木場勇治、人間を襲う本能に負けながらも人間として生きたい長田結花、真理に執着し歪んでいくカイザこと草加雅人――さまざまな人間関係が交錯し縺れていく中で、戦いはどうなっていくのか。人間とオルフェノク、その対立の答えは。テレビ版とは違うもう一つのファイズの物語とその後を脚本・井上敏樹自らが執筆。全てが終わってしまった後生まれた新しい光の戦士とは。幼い頃に真理が感じた暖かな背中の正体は。

    ファイズこの間見終わったのですが、何だか妙にじわじわ余韻が来るかんじで小説版と文庫版を読みたいと思い購入。小説版に追補したものなので小説版と内容変わらないのでしょうか。一応小説版は図書館に予約入れてあるのだけど。
    テレビ版の後日談かノベライズを期待してたんだけどアナザーストーリーでした。大筋はあってるけど違った展開が小説ならではといったところ。あと設定が違ってたり。特に結花はえぐい。グロ展開とかレイプとかいろいろエグさがグレードアップしてるので正直テレビ版の方が私は好きだな。ライオトルーパーじゃなくてカイザが量産型になってる。草加ァ……草加のグロにうおお…となったです。あと巧が真理を昔助けたのはカブトの天道とひよりを思い出しました。真理から巧への矢印が少しはっきりしてる点はテレビ版よりもいいところかも。たくまり萌ゆだけどマイナーなのかな…あ、デルタはいません、スマートブレインも。
    テレビ版見てても思ったけど人とオルフェノクの共存、戦いとか人として生きることのむずかしさとか、その葛藤がやっぱ辛いです。「伏」もそうだったけどこういう物語の形に弱いからファイズもやっぱり好きなライダー作品だなと思ってます。テレビ版の最後に思ったけど、アギトも最後はそうだったけど、どっちも人間肯定の話なんだよね。人間の力を信じて生きてみる、と言うか。

  • まさか草加が××になってしまうとは。

  • 重い
    でもやっぱり555好き

    海堂

全20件中 1 - 10件を表示

小説 仮面ライダーファイズ (講談社キャラクター文庫)のその他の作品

井上敏樹の作品

小説 仮面ライダーファイズ (講談社キャラクター文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする