ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (523)
  • (341)
  • (164)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 3789
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063192599

作品紹介・あらすじ

全国大会団体戦、決勝トーナメント。
各ブロック予選を勝ち上がった強豪8校がぶつかりあう
負けたら終わりの勝ち抜き戦。
そこには、千早たちが目に焼き付けた
クイーン位挑戦者決定戦の舞台を知る逢坂恵夢の姿も――。
“クイーン候補”率いる注目校の猛攻に、瑞沢高校かるた部は!?


全国大会出場をかけ、団体戦での熱戦を制した瑞沢高校かるた部。信じあい、支えあった仲間たちとともに、夢に描き続けた近江神宮を初めて見上げる千早。その胸に、溢れた思いとは……?一方、新もまた同じ近江の地を踏みしめていた。だれにも打ち明けることのなかった真実を背負いながら――。情熱が導いたかけがえのない仲間たちとともに憧れの地・近江神宮へ――!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蔵書整理で手放すので、再び出会い読む日もあるか

  • リタイア

  • 全国高等学校かるた選手権大会へ!

  • 負けた北央と新と千早たちと。それぞれの想いがよく出ている。千早の孤独が杞憂であったこと、そして頑張りを見届けることを決めた先生と。

  • ゾクッとする瞬間があった。

    人気があるのも当然か。

  • コミック

  • 創部3ヶ月で都大会優勝!
    全国大会初出場!の巻。

    宮内女帝、ホントはすごくいい先生だ……。
    こういう、厳しいけどいい先生って、一番心に残る。

    そして、千早のピンチに現れる太一……ヒーロー感ありまくり。

  • 一生懸命な姿が見る人の心を動かす、そんな巻でした。チームちはやふる、眩しすぎる!

  • 「ずっと連れて行く いちばん近い味方なんだよ」

    全国編に突入!
    結構展開早いなという印象。
    新との再会も果たして、この後どうなるのか...。

  • 全国大会、団体戦は、ちはやが病気で棄権。

全155件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1992年「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞、同作品が「なかよし増刊」(講談社)に掲載されデビュー。07年から「BE・LOVE」(講談社)で「ちはやふる」の連載を開始。09年同作で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。11年「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

「2021年 『ちはやふる(46)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末次由紀の作品

ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×