ちはやふる(9) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.28
  • (403)
  • (340)
  • (141)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 3264
レビュー : 193
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063192872

作品紹介・あらすじ

全国大会団体戦、決勝トーナメント。
各ブロック予選を勝ち上がった強豪8校がぶつかりあう
負けたら終わりの勝ち抜き戦。
そこには、千早たちが目に焼き付けた
クイーン位挑戦者決定戦の舞台を知る逢坂恵夢の姿も――。
“クイーン候補”率いる注目校の猛攻に、瑞沢高校かるた部は!?


選ばれた者たちの夢の舞台――名人戦・クイーン戦。3番勝負のクイーン位防衛戦に臨む若宮詩暢は、序盤こそ鋭さを欠いたものの、圧倒的な強さで2勝を挙げ初防衛を果たす。続く名人戦、5番勝負3試合目。テレビに食い入るように観戦していた千早たちは、名人・周防久志の姿に息を呑む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新キャラ登場、イキオイ維持。すばらしか!このマンガにかかれとる、人間関係の奥深さ、せつなさは、アラサー、アラフォー(すこし前までは[中年]とよばれた層)にこそわかるはず!
    中年のみなさん、読むべきよぉ。泣きどころ多数ありマス!

  • 新キャラ登場で、ますますお話に厚みが出てきたような。すみれちゃん、かなり好きです。等身大にリアルで泥臭く自分の恋心(下心)に真っ直ぐ。「後悔の歌なんか詠わない」って心意気に拍手。かるたなんて興味ないって言い切る筋金入りの恋愛バカが、気付けばどっぷり・・・、というのもまたスポ根の王道だったりするので、果たしてどう転ぶのか彼女のこれからが楽しみです。そして、千早!どうかそのまま熱血かるたバカでいてください。(太一は不憫だけども・・・)部活とかるたに懸ける千早の想いにあらためて胸が熱くなりました。かなちゃんの台詞も併せて、ほんと少女漫画の皮をかぶった少年漫画です。今回も熱いです。あと女帝の顔文字キュートすぎ。

  • 新キャラ登場。

    これで続きを読むには新刊を待たなきゃいけなくなった。

    大江さんも肉まんくんもカッコイイなぁ。
    机くんも好きだけど。

  • コミック

  • 師を持たない人間は、誰の師にもなれんのだ p24

  • 名人・クイーン戦が終わって、春。
    新入生登場!
    しかしまた、キャラの濃いぃメンツが集まったのう。
    新入生5人に満たないけど、部室問題は大丈夫なのか。

  • この巻は前半と後半でまったく毛色が違いますね笑
    前半は緊張感のある名人戦、後半はほのぼのとした学園ドラマ。
    新しく後輩ができ、またひとつ大人になったかるた部をみることができました。

  • 7〜9読了
    クイーンのぽっちゃりかわいい…
    1年生入ってどうなるか
    そう簡単に勝たないところがよい

  • 「私は 後悔の歌なんか詠わない」

    新キャラが登場して、久しぶりに少女漫画らしい恋愛展開。メンバー同士の衝突とかそれぞれの目標とか、、。久しぶりにカルタメインではない学園ストーリーになってた巻だったな。

  • ふ〜。さあ、どうなる!今回はちょっと進展弱めでしたが!

全193件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

末次 由紀(すえつぐ ゆき)
福岡県出身の漫画家。
小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。同作が『なかよし増刊』に掲載されデビュー。
2008年、代表作となる「ちはやふる」連載開始。翌年第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。アニメ化、広瀬すず主演による実写映画化もされる大ヒット作になった。競技かるたの普及にも貢献した。

ちはやふる(9) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

ちはやふる(9) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする