あさきゆめみし―源氏物語 (6) (KCDX (406))

著者 : 大和和紀
  • 講談社 (1993年11月発売)
3.95
  • (5)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 30人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063194067

あさきゆめみし―源氏物語 (6) (KCDX (406))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 柏木の人生が波乱万丈すぎてびっくりした。

  • 柏木が悲しい・・・。

  • 言わずと知れた名作中の名作。少女漫画という手法を用いた『源氏物語』の入門書であり解説書です。『源氏物語』のことを全然理解していなかった僕も、本書のおかげで少しは理解できるようになりました。ただし、今だに登場人物の区別が大変…。光源氏の殿上人っぷりが凄まじいです。

    高校受験や大学受験の際、古文のお供になっていた人も多いでしょう。今年はちょうど連載開始から30周年です。

  • 高校の図書館にコレがあったことは幸せでした。

  • 光の君の北の方(正妻)である女三ノ宮との密通でとても気を病む柏木はとうとう本当に病気になって亡くなってしまいました。光の君は、柏木の子であることをしりながら、薫の君を抱きしめます。なんか、因果応報ってかんじですね。

全6件中 1 - 6件を表示

あさきゆめみし―源氏物語 (6) (KCDX (406))のその他の作品

大和和紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

あさきゆめみし―源氏物語 (6) (KCDX (406))はこんなマンガです

ツイートする