きんぎんすなご―金銀砂子 (KCデラックス)

  • 講談社
3.69
  • (14)
  • (7)
  • (30)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063198911

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (2005年07月16日に、別ブログで書いたものから抜粋)

    祝♪「きんぎんすなご」文庫化ー♪
    紹介は、前に発売された単行本版の方ですが。発売したばっかりだから、こっちの方がレビューが充実してます。文庫版は、白泉社から発売っ。

    単行本もってるのに買っちゃいました。でも、改めて読むと、また良いです♪

     ひとつ またひとつ
     薄明に とけていく
     でも なくなったわけじゃない
     星はいつも 空にある
     いつも そこにある
     いつか あたしの星を手に入れる

    自分のやりたいことが見つからず、イライラしていた蓼子(りょうこ)が、にーさんの住む山奥にやってきて。
    にーさんと話しながら、明けていく夜空を見上げているときのモノローグ。
    「見つけたいと思えば、必ず見つかるよ 星はなくならないから」…にーさん、良い事いいますなぁ。
    迷ってる時、イライラしてても、こうして言葉をかけられると、結構落ち着いて物事考えられるようになるのではないか、と私は思います。実際私がそうだし。

    同じような意味合いで、夏目さん(父)が「恋をしなさい、お嬢さん」と言葉を残してます。
    好きなものに夢中になれるって、ある意味、恋もおなじかな、と。

    で。上の話が、思い切り壊れそうですけど。脇を固める、登場人物たちがまた良いのですわ♪
    百合子さんみたいな、「星」を沢山持ってるおばーさんになれたらいいなぁ、とも思いますし。
    夏目さん(息子)は一歩間違えればただの自己中ですが、自分の物差しをしっかりと持っているとも思う。
    わかつきさんの、優しい世界はやっぱり好きです♪

    余談:
    この夏目さん(息子)、蓼子のことを「タデちゃん」と呼んでるのですが、…蓼子の字、ほんとに「タデ」でしか出てこないし(笑)
    夏目さん、流石だ(笑)
    夏目親子がメインの「夏目家の妙な人々」もおすすめです♪

  • 1998年1月13日 第1刷発行

  • 夏目家とリンクしてるのでセットでお薦め♪

  • 立ち止まって人生を考える。当たり前にしているようで出来ていない事を描いたお話。わかつき作品は自分を包む世界の大切さを伝えてくれます。マイフレンドくんとおばあさあが良い味出してます。私も祖母にカノープスを見せてあげたいなぁ。

  • わたしも自分の星を探します。

  • 星を見ながら考え事をして、「恋をなさい お嬢さん」みたいな話。帰る場所を用意しててくれてます。

全6件中 1 - 6件を表示

わかつきめぐみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
わかつき めぐみ
わかつき めぐみ
わかつき めぐみ
わかつき めぐみ
わかつき めぐみ
わかつき めぐみ
わかつき めぐみ
わかつき めぐみ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×