幻蔵人形鬼話(2) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (4)
  • (2)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063211078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アフタヌーンKC

  • 「その四」
    不作の年。口減らしのため自ら家を出たお里。山をうろついている途中で幻蔵と、殿様の死体に遭遇し、殿様をめぐる騒動に巻き込まれる。
    鬼九姫とお鶴の出ない話。お里の素朴さにホッとする。

    「その五」
    鬼九姫の家・長嶋家の家宝の名刀「左文字」を追いかける入道と守る鬼九姫の攻防。

    「その六」
    病気で先の短い娘と、その父親によって引き裂かれた身分違いの恋人の話。
    珍しくお鶴ちゃんが自己主張する。

    「その七」
    三話連続の長編。
    塩田の守り主が海にのまれ、その近くには幻蔵がいた。目撃した守り主の娘・不由は幻蔵を親の仇だと思い、敵討ちを塩問屋に依頼する。そこで出てきたのは傀儡師・骨喰だった。
    幻蔵と、彼とは人形作りの考えが違う義兄との確執。幻蔵は、妻サキの本当の想いを知る。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

代表作に、『3×3 EYES』や『万能文化猫娘』、『碧奇魂ブルーシード』『CAPTAINアリス』などがある。現在、「イブニング」で『鸞鳳-らんほう-』を連載中。

「2014年 『鸞鳳(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幻蔵人形鬼話(2) (アフタヌーンKC)のその他の作品

高田裕三の作品

ツイートする