げんしけん(2) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (94)
  • (97)
  • (414)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1621
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063211511

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計300万部超の大ヒットアキバ系青春物語が帰ってきた! 2006年に一旦完結した青春漫画の金字塔『げんしけん』。主人公・笹原の卒業とともに一度その幕を下ろしましたが、笹原の恋人となった荻上が会長になったところから、物語の続きが始まります。大野やスーなどおなじみのキャラたちだけでなく、新入生たちが登場! コンプレックスを抱えた矢島、明るいキャラの歴女・吉武、そして超絶美少女に見えた波戸は、実はオトコの娘! クセのある新入生たちによる新たなる部室の物語。もちろん、斑目さんも大活躍ですよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大学のサークル自治会から、活動実態のともなっていないサークルを廃止することがいいわたされ、当然のことながらオタクたちが集まってダベっているだけの現視研もその対象となります。高坂をオタク文化から引き離そうとしていた咲も、自治会の強引なやりかたに納得がいかず、会長のアドヴァイスを受けて、現視研を守るために自治会に戦いをいどみます。

    非オタの咲がなんだかんだといいながらつも現視研のメンバーたちになじんでいる様子がほほえましく感じられます。

  • 蜀崎ェュ縲よ桝逶ョ鬪ィ謚倥?繧ウ繝溘こ縺ッ縺薙?蟾サ縺?縺」縺溘?縺銀?ヲ縲ゅい繝九Γ縺ィ縺ッ鬆?分縺ィ縺九′蠕ョ螯吶↓驕輔≧縺ョ縺ュ縲らャケ蜴溷ヲケ繧?愎譛ィ繧ゅさ繧ウ繧峨∈繧薙〒逋サ蝣エ縲

  • やっぱりどうも好きになれない世界観。自分の中にも、一つのことにこだわり過ぎる部分は色々あるし、オタクの生き方を否定する期は毛頭ないけど、その向いている方向性によって、どうしてもあまり好きになれないところはいかんともし難い。まとめ買ってしまったから読んでるけど、もう良いかな、って気もする。

  • コミケでの斑目の頑張りっぷりといい、
    グッズとかの買いあさりといい、自分を見てるような気にもさせる事でありますが、
    それも、昔の話。
    今は、自分もそこまで情熱を傾けられなくなったのだなあと反省しきり。
    あと、多分、最近のオタクぜいって割とカジュアルな感じもするよね。
    その辺はどうなんでしょうかね。

  • 笹原の妹が普通で笑える。

  • 【レンタル】20140404

    会長こわい。

  • 春日部さんが赤裸々でおもしろい。笹原の妹がすごかった。

  • 大野さんがアニメよりずっと可愛い!
    個人的に笹原くんの妹の回が非オタク人間からしたら本当にトラウマになると思いました(笑)
    と同時にやっぱり普通の人の反応はそうなんだ、不思議って思ってしまった自分にもガッカリ…

  • 濃い一冊よね

  • 2013/07/10
    【好き】アニメ見るのに予習。 斑目の骨折…春日部の高坂へのガンバリ…どちらも痛い(笑) 謎の会長の引退で斑目が2代目会長に。 新入会員ゼロ。 クッチーが新入生でちょっと登場。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

げんしけん(2) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×