げんしけん(5) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (103)
  • (81)
  • (395)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1545
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063211641

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計300万部超の大ヒットアキバ系青春物語が帰ってきた! 2006年に一旦完結した青春漫画の金字塔『げんしけん』。主人公・笹原の卒業とともに一度その幕を下ろしましたが、笹原の恋人となった荻上が会長になったところから、物語の続きが始まります。大野やスーなどおなじみのキャラたちだけでなく、新入生たちが登場! コンプレックスを抱えた矢島、明るいキャラの歴女・吉武、そして超絶美少女に見えた波戸は、実はオトコの娘! クセのある新入生たちによる新たなる部室の物語。もちろん、斑目さんも大活躍ですよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 斑目から会長の座を引き継いだ笹原は、コミフェスに出店すると宣言します。しかし、唯一の絵が描けるメンバーである久我山は筆が進まず現視研は険悪な雰囲気になってしまいます。さらに先輩の原口のいやがらせを受けながらも、どうにか完成にこぎつけ、みごと完売となります。

    荻上のオタク趣味を暴こうとして生き生きする大野さんの可愛らしさが印象にのこっています。

  • コミケ初参加回

  • 蜀崎ェュ縲ゅ£繧薙@縺代s縺ァ繧ウ繝溘こ縺ォ蜃コ縺セ縺励g縺?→縺?≧蟾サ縲ょ推繧ュ繝」繝ゥ縺悟ー代@縺壹▽謌宣聞縺励※縺?¥縺ョ縺後o縺九▲縺ヲ蠕ョ隨代∪縺励¥縺ェ繧九?

  • 相変わらず興味のない世界が続く。せっかく買ったからってことで、せめて流し読み。本の置き場に困り果てているから、さっさと読了して売却予定。

  • うーむ、やっぱり僕が現役の頃よりも断然熱い物を持ってる方たちだなあと言う事が分かりました。
    僕が出店した時なんて、他の人の作品読んでない気がするし(w
    コミケに客などいないと言う話のアレからしても、僕自身は客として入り込んでたと言う感じだったからなあ。
    残念ながらこの辺の話は本当にあるのかどうかは不明。
    でも、朽木君の行動はよく分かる(w

  • 原口さんのゲスっぷりが素敵。
    こういう悪役がいないと話も盛り上がりませんね。

  • 斑目さんが服買う話たのしかった。コミフェスの準備&本番。素直じゃない荻上さんが一々かわいい。コーサカはいちいち凄いね。底抜けのバカか底抜けの大物。

  • 本作った事ないけど、合同誌にするなら言いだしっぺは描ける人じゃないといけないと思った。まぁ学生だったら、こんないざこざありそうだしね。その点春日部さんは男前。彼女がいなかったらただの活動しないオタクサークルのままだったから、彼女の功績ってばホント素晴らしい。
    あと荻上さんが若干丸くなってきて嬉しいな。

  • 同人誌できたね!
    高坂のコスがやばい

  • 2013/07/11
    【好き】アニメ見るのに予習。 4年:久我山、田中、斑目。 3年:笹原、高坂、春日部、大野。 2年:クッチー、1年:荻上が新会員に。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

げんしけん(5) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×