げんしけん(6) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (88)
  • (67)
  • (271)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 1269
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063211702

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計300万部超の大ヒットアキバ系青春物語が帰ってきた! 2006年に一旦完結した青春漫画の金字塔『げんしけん』。主人公・笹原の卒業とともに一度その幕を下ろしましたが、笹原の恋人となった荻上が会長になったところから、物語の続きが始まります。大野やスーなどおなじみのキャラたちだけでなく、新入生たちが登場! コンプレックスを抱えた矢島、明るいキャラの歴女・吉武、そして超絶美少女に見えた波戸は、実はオトコの娘! クセのある新入生たちによる新たなる部室の物語。もちろん、斑目さんも大活躍ですよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オタク嫌いのオタクである荻上さんにコスプレをさせようと、大野さんたちが画策する話からはじまって、しだいに荻上さんも現視研の仲間たちに溶け込んでいきます。そんな彼女が、「笹原×斑目」の妄想を絵に描いていたところを咲に目撃され、誤解を受けることに。そして斑目は、咲への届かない想いを抱え込んだまま、卒業の日を迎えます。

    やはり荻上さんイジリに生き生きしている大野さんがあいかわらず可愛いです。このシリーズ中の不憫キャラといえば笹原妹ですが、この巻の斑目のエピソードもじわじわと胸にせまるものがあります。

  • 斑目の背中がつらいなあ

  • 斑目たち卒業!

  • 荻上初コスプレ。「友達のカノジョと飯食うなんて」と思うのはオタクくさいことなの? 咲が考えることより斑目が考えることの方がよくわかるのは私がオタクだから? どうしても自分の趣味を隠そうとする荻上がいじらしいというかかわいい。荻上個人でコミフェスに応募することを決意。咲は普通の人すぎて荻上の描いた絵の意味を理解できない。大野は1.5秒で理解するが趣味が合わない。そんなものかもしれない。笹原妹大学生に。笹原が会長を引退,大野が会長に。そして久我山・田中・斑目の3人が卒業。

  • 蓮子たんまじきゃわわ
    卒業はさびしいね

  • 2013/07/11
    【好き】アニメ見るのに予習。 久我山、田中、斑目が卒業。 4代目会長は大野さんに。

  •  引き続き大野VS荻上、4年生の就職活動、班目×咲話、荻上の妄想、卒業式などの巻。
     もうほとんど、咲に代わって、荻上さん中心に話が回り始めている(コスプレもさせられながら)。この巻の段階では、ヲタク同様に腐女子もやめられないことを確認するにとどまり、荻上さんがなんでいつも眉毛を釣り上げているのか、他者への攻撃的姿勢を崩さないのか、そこまではわからないが、拒絶してもからんでくる咲や大野さんにはほんのわずかずつ、がっちりと堅かったガードを緩めつつある。身近な仲間は本当に大事だということだろう。

  • コス、冬コミ、腐、卒業。世代交代が進みます。みんな魅力的。いとおしい。

  • あれ? こんなに早く卒業エピソードが来るんだ。

  • 斑目さんの複雑な感情がすっごくイイ!でも、春日部さんって、ヲタクを差別しているようで実は差別してないんだよな~。そこに惹かれちゃってるんだろうな~。大丈夫だよ斑目さん!出会いはまだまだあるさ!多分・・・<(; ^ ー^)。そしてとうとう、「笹原攻め×斑目受け」説が登場しましたねぇ。笹原君が攻めって言うのはイメージじゃないんだけど、斑目さんは確実に受けですね(*^▽^*)

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

げんしけん(6) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×