げんしけん(7) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (100)
  • (79)
  • (338)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1472
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063211740

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計300万部超の大ヒットアキバ系青春物語が帰ってきた! 2006年に一旦完結した青春漫画の金字塔『げんしけん』。主人公・笹原の卒業とともに一度その幕を下ろしましたが、笹原の恋人となった荻上が会長になったところから、物語の続きが始まります。大野やスーなどおなじみのキャラたちだけでなく、新入生たちが登場! コンプレックスを抱えた矢島、明るいキャラの歴女・吉武、そして超絶美少女に見えた波戸は、実はオトコの娘! クセのある新入生たちによる新たなる部室の物語。もちろん、斑目さんも大活躍ですよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大野さんが現視研の会長を引き継ぎ、新入生の勧誘活動をおこないますが、朽木が暴走したことで新入生の加入はかないません。一方、高坂はエロゲーメーカーに、笹原は編集プロダクションに就職がきまります。

    一方で、咲や大野さんはなかなかすなおになれない荻上さんにコスプレをさせることに成功し、さらに彼女と笹原の交際を後押ししようとお節介を焼きます。

    現視研のリア充比率がずいぶん高くなってきました。

  • だんだんコメディからラブコメになってきたな

  • 蜀崎ェュ縲ゆシ夐聞縺ォ縺ッ螟ァ驥弱&繧薙′縲ゅ◎縺励※繧オ繧オ繝、繝ウ縺溘■縺ッ蟆ア閨キ豢サ蜍輔↓縲ゅし繧オ繝、繝ウ縺ォ繧ょ?螳壹′蜃コ縺ヲ縺、縺?↓蜷亥ョソ縺ク縲ゅい繝九Γ縺ィ荳ヲ陦後@縺ヲ隱ュ繧薙〒繧九s縺?縺代←縲√い繝九Γ縺ァ縺ョ繧オ繧オ繝、繝ウ縺ョ霑ス縺?ゥー繧√i繧後▲縺キ繧翫↓縺ッ蠢?′逞帙?縲

  • 作家のやる気を無くさせることはNGという笹原の面接でのコメントが印象的。

  • 荻上のコミフェス。大野は何だかすっかり先輩らしく成長して荻上のことを気にかけている。大学生ってそんな時代なのだ。そのあたりの成長や変化がよく描かれている。荻上は何であんなにオタクが嫌いなのか? 「荻上さんはも~~愛して愛してメロメロに愛しまくらないと応えてくれないタイプですよ。徹底した「待ち」体質ですよ。でも愛してあげれば必ず応えてくれます」すごい考察。コミフェスを前にアンジェラとスザンナ登場。笹原就職決まる。コミフェスに現れた荻上の昔の友達がオタク嫌いの原因なのだろうか。軽井沢の合宿まで。

  • 大野さんと荻上が仲良く

  • 2013/07/11
    【好き】アニメ見るのに予習。 スー、アンジェラ登場。 4年:笹原、高坂、春日部、大野。 3年:クッチー。 2年:荻上。 新会員ゼロ。

  •  大野会長を中心とする新歓、大野・荻上のラストバトル、笹原たちの就職活動、米国からの訪問者、荻上コミフェス参加、そして軽井沢回前編など、非常に盛りだくさんの巻。
     大野さんの飽くことない、真剣な対話(コスプレもさせるが)により、荻上さんもようやく胸襟を開いたかと思ったが、まだこの時点では「自分が嫌い」な理由は語らない。読者としても少しキツい流れだが、コミフェスでは自分が初めて書いた同人誌が初めて売れた時に見せた、笹原の嬉しそうな表情に対して、初めて感情の高揚を表す。その直後に因縁のありそうな故郷の知人が現れ、さらにスージーの罪のない行為によって心を再び閉ざしてしまうが(作者はSなのか)、少しずつ荻上さんは確実に変わりつつある。現視研に来た時点から何も変わらなければ、そもそも軽井沢には来ないはずだ。
     しかし、そもそも何で作者は、荻上さんというキャラにここまで重いものを背負わせ、そしてわずかずつ解放していくようなストーリーにしたのだろうか。この辺りは、インタビューでもしたいところだ。気になる。
     

  • アンジェラ&スージー登場。2005夏コミ。大野会長、おぎーのトラウマに迫る。就活の苦悩。軽井沢。入浴シーンは、まあ、サービスですわな。

  • 荻上ちゃんの「私の恥ずかしい妄想を形にして世の中に出していいのか」っていう戸惑い。すっごくいい!!むしろ、この戸惑いを持たず、描いて発表できるほうが危険な気がしますが・・・それは置いといて。巻の冒頭、クッチーが以外に活躍しましたねヾ(▽^;)ゞ。だからクッチーキライになりきれない。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

げんしけん(7) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×