げんしけん(8) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.61
  • (103)
  • (78)
  • (278)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1409
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063211795

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計300万部超の大ヒットアキバ系青春物語が帰ってきた! 2006年に一旦完結した青春漫画の金字塔『げんしけん』。主人公・笹原の卒業とともに一度その幕を下ろしましたが、笹原の恋人となった荻上が会長になったところから、物語の続きが始まります。大野やスーなどおなじみのキャラたちだけでなく、新入生たちが登場! コンプレックスを抱えた矢島、明るいキャラの歴女・吉武、そして超絶美少女に見えた波戸は、実はオトコの娘! クセのある新入生たちによる新たなる部室の物語。もちろん、斑目さんも大活躍ですよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 笹原が、荻上とともに彼女の過去のトラウマを乗り越え、晴れて二人は交際することになります。

    大野さんと田中の交際も、当初は咲にからかわれるほど初々しかったのですが、その描写はあまりなかったのに対して、今回はしっかりラブコメになっています。読者が田中に共感しにくかったのに対して、笹原は共感しやすいというちがいがあるためなのかもしれませんが。

  • オタクのラブコメを描くとこういうふうになるのか
    まだまだタダのラブコメになってなくておもしろい。荻上が笹原に自作マンガを見せるときに全てを持っていかれた

  • 闕サ荳翫?驕主悉縺ィ縲∫ャケ蜴溘→縺ョ諱九?蟋九∪繧翫?ゅ◎縺励※縲∬砂荳翫?譛ャ譬シ逧?↓繝槭Φ繧ャ縺ォ蜿悶j邨?∩蟋九a繧九?ゅd縺カ繝シ縺ョ蟄伜惠諢溘′縺薙%縺ォ縺阪※蠅励@縺ヲ縺阪※縺?k縺ョ縺悟ャ峨@縺?剞繧翫?ゅ>縺、繧よュ蝣ア莨晞#縺碁≦縺?桝逶ョ縺御ク肴?縲

  • ラブコメ編!
    青春してます。

  • 表紙の絵が素敵。荻上の巻。荻上の可愛らしさ全開の巻。彼女の中学時代に何があったのか。彼女がどうしてあんなにも頑なに攻撃的になってしまったのか。大野と春日部の押しが凄い。恋愛音痴の私は笹原と同レベルで,彼女たちのようなお節介な友達でもいなければとてもあの状況は打破できないだろう。

  • 荻上さんデレまくり

  • 2013/07/12
    【好き】アニメ見るのに予習。 笹原と荻上が付き合い始める。 漫研:藪崎、加藤さん登場。

  •  軽井沢回後編、笹原・荻上成就回、めんどくさい漫研・薮崎の接近などの巻。
     恋愛話がどうも苦手な自分としては、読み進めるのが正直しんどい巻だったが、荻上さんが初めて、笹原に、笹原と班目のやおい原稿を渡した後の、数ページは涙を禁じ得なかった。人生で初めての大きな賭けに出たが、ほとんど絶望的な心境にある荻上さんの心臓の鼓動が聞こえるような、緊迫感と情感あふれる表現は見事だった。
     作者はひょっとすると、このページを書くために、これまで荻上さんをイジメぬいてきたのだろうか。そうだとするならば、マンガというのも因業な商売だと思う。「芸のためなら~」というやつですよ。まあ、ここにきて荻上さんも重荷はまだしょっているが、女の子らしい、明るい表情が増えてきている。薮崎からみの話はコメディテイストも戻っており、作者も少し肩の力が抜けている感じがする。
     
     

  • 荻上スペシャルの巻です。おぎーかわいいよおぎー。

  • ついに笹原くんと荻上さんゴ~~~ル!!荻上さんの過去のトラウマもわかりました。ただ、私的には身近な人間で「やおい」を考えるのは気持ち悪いのでそこだけは、そこまで考えちゃうヲタ女子の気持ちは分からないのだけど・・・。ただ、そこまで考える人だからクリエイターになるのかな?何はともあれお二人さんおめでとう!特に動物園デート帰りの荻上さんのデレ攻撃は、女の子の底力を見せ付けられましたねo(*^▽^*)o

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

げんしけん(8) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×