げんしけん(9) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (100)
  • (77)
  • (176)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1139
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063211832

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計300万部超の大ヒットアキバ系青春物語が帰ってきた! 2006年に一旦完結した青春漫画の金字塔『げんしけん』。主人公・笹原の卒業とともに一度その幕を下ろしましたが、笹原の恋人となった荻上が会長になったところから、物語の続きが始まります。大野やスーなどおなじみのキャラたちだけでなく、新入生たちが登場! コンプレックスを抱えた矢島、明るいキャラの歴女・吉武、そして超絶美少女に見えた波戸は、実はオトコの娘! クセのある新入生たちによる新たなる部室の物語。もちろん、斑目さんも大活躍ですよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 笹原は真面目な性格が功を奏したというべきか。
    よかったな。ぽん。と肩を叩いてあげたい。

    が。
    なにこれ……こんな生殺しな状態で終わりなの?!
    大団円でよかったですけどね。いいんですけどね。

    いや、高坂って、正直どこがどういいのかわからんのだが。
    見た目以外。


    追記
    女子的意見を少しだけ書いてみると。
    この場合、知らないふりをすることがいちばんこの場に居やすいんだと思うよ。
    確信犯でもなんでも、班目とのいちばん良い距離を咲は選んだのだと思う。

  • 今回も、付きあいはじめたばかりの笹原と荻上さんがメインです。編集者の卵として荻上の描いたネームの評価をおこなう笹原と、自分の作品が否定されたように感じて落ち込む荻上が、それぞれの葛藤を乗り越えて前に進んでいく様子がえがかれています。

    そして、笹原たちも卒業の日を迎えることになります。咲への想いを伝えることのできないままになってしまった斑目の、せつないエピソードも含まれています。

  • うまくおわりそうだなーと思ってたところに、ここで終わらせるんだ!!? という引き。これって再開決まってて完結したんだっけ

  • 同じ作者さんの過去作(五年生とか)はすごくドロドロだったので、これもいつそういう展開になるのかハラハラしてたけど、そんな感じにはならなかったので安心した。
    後半の荻上ちゃんの話は、腐女子というより表現者の業についての話だよね。妄想だけなら別にいくらでもどんな性癖でも自由だと思うし。本人だけじゃなく身近な人(この場合笹原くん)も大変そうだけど、だからこその喜びもあるんだろうなぁと想像した。

  • とりあえず第一部・完。なるほど、そんな結末ですか。結局、そんなに大きな盛り上がりもないまま、クライマックスを迎えました、みたいな。

  • ついに笹原たちも卒業!
    リアルタイムで進行しているのがとても良いです。

  • 荻上漫画を投稿。笹原とは順調に喧嘩できるほどに。荻上可愛すぎで参る。笹原・コーサカ・春日部の3人が卒業し,会長は大野から荻上に。

  • 何かを好きになるって、時にカッコ悪かったりつらい思いをするけど、ものすごい力を生む原動力になるよな、とこのマンガを読んで改めて。

  • 漫画家への道へ…

  • 2013/07/12
    【好き】アニメ見るのに予習。 笹原、高坂、春日部の卒業で一応完結。 帰国子女の大野さんはまだ4年。 5代目会長は荻上に。 斑目先輩の恋は…?

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

げんしけん(9) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×