代紋TAKE2(14) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
制作 : 木内 一雅 
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063234275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二部完!革命家が元々イヤな奴だったけど、憐れすぎる。まぁ、こうなる感じはプンプンしてたけどな

  • 第2部府中刑務所編完。
    あんだけ、刑務所内でドンパチやっておいて、死傷者なし。
    そんなにうまく事がトントン拍子に進むなんてこと、都合が良すぎると思った。
    最後を決めた佐山の兄貴。
    ちょっと格好よかった。
     
    娑婆に出てからの丈二の活躍が楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、山梨県生まれ。東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻は現代文化論、コミュニケーション論。著書に『ライフスタイルとアイデンティティ』『アイデンティティの音楽』、監修に『コミュニケーション・スタディーズ』(いずれも世界思想社)など。担当:「はじめに」「文章表現の基礎」「消費」「食」。

「2013年 『「文化系」学生のレポート・卒論術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

代紋TAKE2(14) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

渡辺潤の作品

ツイートする