代紋TAKE2(17) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
制作 : 木内 一雅 
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063234695

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 暴走族とヤクザの格の違いを見せつけてから、ヤクザの抗争。
    それにしても、光が当たって生き返るって、ここでタイムスリップという単純な物語でないヒントがあったのね。

  • 白浜組と、風間組との喧嘩話。
    風間組の組長は、若頭と兄弟といい事実あり。
     
    あれだけ逆境を越えてきた丈二が、ヒットマンの手にあっさりかかって死亡・・・
    と思いきや、天から光が・・・
     
    いきなり現実ばなれしたな~
    だけど、物語自体がタイムスリップだからいいか・・・

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、山梨県生まれ。東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻は現代文化論、コミュニケーション論。著書に『ライフスタイルとアイデンティティ』『アイデンティティの音楽』、監修に『コミュニケーション・スタディーズ』(いずれも世界思想社)など。担当:「はじめに」「文章表現の基礎」「消費」「食」。

「2013年 『「文化系」学生のレポート・卒論術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

代紋TAKE2(17) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

渡辺潤の作品

ツイートする