KISSは天下のまわりもの 2 (講談社コミックスキス)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784063256864

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 超ポジティプな咲ちゃんの全てが好きです。
    咲ちゃん自身のポジティブさだけでなく、それを受けた周囲のポジティブさも。
    やさぐれた心を持て余した時に、彼女を助けて死んだ弟の優しさが入って、咲子は2倍強くて優しい子になったと言ってくれたお母さんも、咲子の強さと優しさに触れた戸江川の「僕は咲ちゃんのものになる」という決意も(ここで彼女のものになる、という決断が、戸江川らしいし、すごく心に響いた)つわりでゲーゲー吐いても、ボサボサのフラフラでも満たされていると感じ、今まで助けられなかった全ての命、そして目の前で消えて行こうとしている命全部に「ここにおいで」と言える咲ちゃんが好きだ。

    体当たりで嘘のない咲ちゃんの愛情に、一緒に包まれた気持ちになれました。
    「百年の孤独」も読み返したくなった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

文化服装学院卒業。国内ブランドを経て渡英。ロンドンのkei kagami Ltd.にてデザイナーアシスタントとしてミラノ・コレクション、パリ・ファッションウィーク、ロンドン・コレクションに参加。帰国後、自身のブランド「TAGE」をスタート。他に、アパレル企業・百貨店へのデザイン提供、ソーイングブックの執筆をしている。公益財団法人 日本ユニフォームセンター・NUC専門委員。

「2016年 『パターンアレンジを楽しむ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高田祐子の作品

KISSは天下のまわりもの 2 (講談社コミックスキス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×