ベイビーポップ(1) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (14)
  • (23)
  • (98)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 239
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063258219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 素直になれない美少女・渚と、しがないカメラマンである継父・竜之介の漫才みたいな、でもホロっとするおはなし。

    竜之介がすてき。
    普段は気が多かったり冗談ばかり言ってるけど
    いざっていうとき頼りになる、っていうのが
    ものすごくツボなあたしにとっては、ストライクでした。
    あとは渚のことを好きな同級生の般若くんもかわゆい。
    学校では優等生だけど裏では不良のアタマ、みたいな二面性も、王道だけどイイんです。

  • う~ん。これはこれでいい。いいんだけど。せっかくだからもうちょっとどうにかなってくれてもよかった気がする。

  • リュウのような人が理想~

  • 竜がイケメンすぎる!

  • 売れっ子作家の母と結婚した男。
    いわゆるヒモみたいなやつ。

    新婚旅行中に母は交通事故で死亡。

    そんな男との二人暮しが始まる…。

  • 【完結済】<全2巻>きみはペットより好きかも。般若君がいいキャラしてるなあと思ったんだけど、作者後書きを読んでそういうもんなのかなあと。

  • 家族が家族であろうと寄り添っていく話ってなんでこうも胸をかき乱されるんだろう。主人公の女の子の良い意味の子供っぽさ(純粋さ?)がこの漫画をとってもやさしくしてる!とかゆって割と典型的なドタバタコメディ漫画だけど。

  • 新・家族論

  • 何だか、ありそうでないなー、こういうパターンのお話、と思える感じ。パパはダメダメなんだけれど、娘がだんだんそこに寄り添っていく。パパかっこいいね。こういう父親、本当にいたらとても鬱陶しそうだけれど、あこがれてしまうのは漫画だからかな。

  • こんな親子いいですね。竜さんの考えがいちいち笑える。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

12月1日生まれ。神奈川県出身。1994年、講談社「mimi&Kiss秋の新人まんが賞」に入選、同年12月の「Kiss」本誌にて『素顔にキスして』でデビュー。代表作の『きみはペット』は2003年、小雪、松本潤主演でドラマ化され、同年、第27回講談社漫画賞受賞。累計400万部を超えるヒットとなった。現在は「Kiss」で『キス&ネバークライ』を、「月刊少年シリウス」で『BAROQUE ~バロック~』を連載している。

「2013年 『BAROQUE ~バロック~(6) <完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川彌生の作品

ツイートする