天上の虹(15) (講談社コミックスmimi)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (3)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063274769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 15巻。但馬皇女、月かたぶきぬ、霍公鳥

  • 内容紹介(amazon)
    第41章 但馬皇女
    第42章 月かたぶきぬ
    第43章 霍公鳥(ほととぎす)
    讃良(さらら)が次期天皇と望む珂瑠(かる)はまだ幼い。新都建設は不満の声ばかりで難航する。讃良は、天皇としての自信と強さをとりもどすため大海人(おおあま)との出発点、吉野へ旅出った。
    讃良は珂瑠のため、年上で気丈な紀皇女(きのひめみこ)との婚約をとり決め、草壁をしのぶ狩りを催す。まだ幼く自覚の芽ばえぬ珂瑠だが、次期天皇としての地位を揺るぎないものにするため、讃良は力を尽くす!

  • 柿本人麻呂がようやく宮廷歌人として登場する。宮廷の狩場である阿騎野で詠んだ有名なあの歌が詠まれる。万葉集には感じのいい歌人が何人も登場するが、謎めいた人麻呂に興味を持ってしまう。いつかまとめて調べようと思ったことがあったのにまだ放置したままだった。
    額田王がかつて「熟田津に船乗りせむと月待てば 潮もかないぬ今はこぎ出でな」と詠んだときこの歌人の立場を理解したように感じた。宮廷歌人であったのだった。
    人麻呂が額田王と出遭ったのかどうか、こんなことも知らないが、いよいよ人麻呂の時代が始まった。天智はなく今や持統天皇の時代。天皇を神格化して歌い上げるには人麻呂が必要だった。ひょっとしたらこの歌人がいたから神格化も実行されるようになったのかもしれない。藤原不比等も神格化には大きな利益を得たであろうことも考えに入れないといけない。不比等と人麻呂の関係について論じた本をまだ知らない。
    天皇は神ではない、日本国のシャーマンである、と私は考える。大海人皇子は偉大なシャーマンであったかもしれない。しかしう野讃良はどうしたのだろう。神の声を聞くっことが無かったのかもしれない。人麻呂が勝手に神とあがめたのに乗ったのかもしれない。その辺りのなぞを解きたいと思う。
    天上の虹シリーズの15巻目で初めて身を乗り出した自分がある。途中で放り出さなくて良かった。自分の感性が鈍いことを改めて自覚した。

  • 描き下ろしになってからの第2巻。
    話に緩急が付かなくなって、あまり話が進みません。
    持統天皇になった讃良さんは更年期障害ですか?って感じだし、無理やり自分の血筋を重視するから皇室間からも反発が出てる。
    弓削くんが次に抹殺されそうな予感…。

  • 高市、いいひとすぎる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

里中 満智子(さとなか まちこ)
1948年、大阪市生まれの漫画家。大阪芸術大学教授。
1964年に第1回講談社新人漫画賞を受賞、16歳でデビュー。そのため、大阪市立桜宮高等学校を中退する。
日本書紀からギリシャ神話まで、スケールの大きな物語を数多く手掛け、漫画や文化の普及に向け多くの活動に関わっている。
代表作として『天上の虹』『海のオーロラ』『アリエスの乙女たち』『あすなろ坂』ほか多数。1972年『あした輝く、姫が行く』で講談社出版文化賞、1982年『狩人の星座』で第6回講談社漫画賞、2006年に日本漫画家協会賞文部科学大臣賞をそれぞれ受賞した。

里中満智子の作品

ツイートする